ゆめあわせ
『夢合わせ』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
再話 井出 文蔵
提供 フジパン株式会社

 むかしむかしあったと。
 あるところにお大尽(だいじん)がいてな、正月の二日(ふつか)に何人もの下男下女を集めて、夢合わせしたそうだ。
 「わたしゃあ、こういう夢を見ました」
 って、みんなは話したけんど、一番小(ちい)せえ小僧だけは、なんぼ話せったって話さなかったと。お大尽は、
 「どうしても話さなかったら、川さ流してやる」
 って言ったけれども、小僧は話さなかったと。
 夢、見たけど、話さなかったと。
 

 おこったお大尽は、箱舟こせぇて小僧を乗せ、米と粟(あわ)を入れて、蓋(ふた)して川に流したと。
 箱舟は、流れて流れて海に出て、また流れたと。そうして、ある浜さ流れついたと。
 すると、赤鬼、青鬼が拾って鬼の親分のとこさかついで行(い)ったと。
 蓋、取ってみたら、小僧が出てきた。
 「なして、こうしてる」って言うから、
 「夢、見たやつ、喋(しゃべ)らねで、こうして流された」って言ったと。
 「その夢、おれに教(おせ)えろ!!」って鬼の親分が言ったけんど、教えなかったと。
 「それじゃ、喰っちまうが、いいか!!」って言ったけんど、それでも教えねって。
 

 こんだ、
 「宝もの、見せるから教えろ」って。
 「宝ものってなんだ」って、小僧が言ったら、鬼は三本の棒を持ってきて、
 「これは千里棒、“千里”って唱(とな)えりゃ千里飛ぶ。こっちは聴耳棒、鳥やけだものの言(い)うことがわかる。そしてこれは生き棒、死人をなでれば生き返る。どうだ、この宝では」
 「触ってみなけりゃ、信用できね」
 「じゃ、触ってもいいが、もの言うな」って。
 小僧は、三本の棒を握るが早いか、
 「千里、千里、千里」
と唱えたと。すると、ビュ-ンって、江戸まで飛んでったと。
 

 挿絵:かわさき えり
 江戸の町のはずれじゃ、カラスがカアカア鳴いてたと。それで、聴耳棒を耳にあててみると、
 「朝日長者の娘(むすめ)が死ぬ、急げ」って。
 朝日長者の家では、もう葬式の用意にかかってたと。さっそく、死んだ娘の体を生き棒でさすると、目をあけて生き返ったと。
 娘は、小僧を好いてしまった。
 

 ところがこんだぁ、日暮長者の娘が死んだと。日暮長者が、両手をついて頼むんで、小僧はこの娘も生き返らせた。
 この娘も小僧を好いてしもうた。
 「朝日長者の聟になってくれ」
 「日暮長者の聟になってくれ」
 って両方から頼まれてな、思案の末に、二つの所帯を持つことにしたと。
 月の十五日は朝日の家、後の十五日は日暮の家。交代は途中の橋の上で、二人の娘に送り迎えされて、一生、幸せに暮らしたと。
 小僧の見た夢は、夢をだれにも語らなければ“二人の娘に肩よせて、橋を渡る”だったと。

 とっぴんぱらりのぷう。
 

 挿絵:かわさき えり

秋田県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

信濃の国の神無月(しなののくにのかんなづき)

信濃の国の神無月(しなののくにのかんなづき)

日本では十月のことを神無月(かんなづき)といいますが、出雲(いずも)の国(くに)だけは逆で神有月(かみありづき)といいますわねえ。これは毎年十月にな…

この昔話を聴く

目上の意見と茄子の花(めうえのいけんとなすのはな)

目上の意見と茄子の花(めうえのいけんとなすのはな)

むかし、あるところにお寺があって、和尚(おしょう)さんと小僧さんが住んでおったと。あるとき、小僧さんが修行(しゅぎょう)に出ることになったと。小僧さ…

この昔話を聴く

現在622話掲載中!