あたまのいけ
『頭の池』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに貧乏な爺さがおったと。
 ある時、爺さが山へ木の実をさがしにいったと。
 そしたら、熟(う)れた柿の実ひとつ、ボタリと爺さの頭に落っこちたと。
 爺さは、谷川で頭を洗ったけど、柿の種がひとつ髪毛の間に残ったと。
 その柿の種が段々大きくなって、八年経(た)ったら実がなったと。
 ざらんざらん、枝もたわわに実ったと。
 爺さが、ひとつもいでみたら甘柿だ。
 爺さは喜こんで、毎日、毎日、柿をもいでは、
 「柿のもぎたて、柿のもぎたてはいらんかあ」
と、売りに歩いたと。
 爺さの柿はうまい、という評判がたって売れるの売れないの、大したもんだった。
 

 挿絵:かわさき えり
 とうとう、他の柿売り達が爺さの事をやっかんで、爺さの寝ている間に柿の木を伐ってしまった。
 爺さは、三年ばかり泣いて暮らしたと。
 その内、柿の木の根っ子が腐(くさ)ってきて、舞茸(まいたけ)がはえる、しい茸がはえる、所(ところ)せましとはえてくるんだと。
 あんまりいっぱいはえたもんだから、爺さは、
 

 「きのこのとりたて、きのこのとりたてはいらんかなあ」
と売って歩いたと。
 これまた、売れるの売れないの、大したもんだった。
 とうとう、他のきのこ売りが爺さのこと憎んで、爺さが寝ている間に、頭の根っ子を掘り起してしまった。
 根っ子掘ったあとが大きな穴になったと。
 爺さは、飯(めし)の種はなくなる、貯めた金はへって行く、困っておった。

 そしたらある日、大雨が降って、頭の穴に水がたまって池になったと。
 そこへ、どこからくるのか、マスが来る、鮭がくる、うなぎが来る、水がチャプチャプ波打つ程わいて来るんだと。
 爺さは、毎日、毎日、魚をとっては売り、とっては売りして、大した金儲け。
 あとあと安楽に暮らしたと。

 とっぴんからりんのぷう。
 

 挿絵:かわさき えり

秋田県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

蛙報恩(かえるほうおん)

蛙報恩(かえるほうおん)

昔、あるところに庄屋があった。庄屋には年頃の美しいひとり娘があったと。あるとき、庄屋の妻が畑へ出ていると、一匹の小んまい蛇がにょろにょろと出て来て、蛙を呑もうとした。

この昔話を聴く

尼裁判(あまさいばん)

尼裁判(あまさいばん)

むかし、あるところに親孝行の息子が年老いた父親と暮らしておったそうな。働き者の息子だったから、村の人がいい嫁を世話してくれたと。息子と嫁は、「お父っ…

この昔話を聴く

現在589話掲載中!