いぬぼえのもり
『犬ぼえの森』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。秋田にサダ六(ろく)というマタギがおった。マタギというのはな、クマやシカを鉄砲でうつ猟師(りょうし)のことだ。そのマタギの中でも、サダ六は腕が良かったので、将軍さまから、天下御免(てんかごめん)の巻物をもらっていた。この巻物には、よその国に入って猟をしてもよいということが書いてあった。
 ある年の春のこと、サダ六は犬のシロをつれて猟に出た。シロはよく鼻のきく、たくましい犬だ。遠くの獲物をすぐにかぎつけ、恐ろしいクマにもおくせず立ち向かう。サダ六は、そんなシロをたいそうかわいがっていたと。
 山にはまだ雪が残っていた。あっちの山、こっちの山と獲物を探し回ったが、どういうわけか今日は一つとして獲物がみつからない。
 

 挿絵:かわさき えり
 「しかたがない。シロ、帰ろう」
 サダ六がいうたとたん、突然シロが、ワンワンワンワンほえたて、走り出した。向かいの山に黒い影が動いた。
 「カモシカだー」
 サダ六は追いかけた。カモシカも必死だ。なかなか追いつかない。いつのまにかサダ六は、隣りの国、南部領に入っていた。ようやく追いつき、
 

 「ズドーン」
と一発、カモシカをしとめた。すると、その音を聞きつけ、南部のマタギ達がやってきた。
 「おい、ここは南部の領内だが、おめぇはこの国のもんじゃねぇな」
 「わしは、秋田のサダ六というマタギじゃ。将軍さまから、どこの国で猟をしてもよいというお許しをもらって」
 サダ六はそういうて、腰に手をやると、巻物がない。
 「家に忘れてきた、しまった」
 サダ六はお城につき出され、牢屋に入れられた。他国に無断で入った罪は重い。役人の取り調べを受けたが、巻物がない以上、申し開きのしようがなかった。
 ついに、サダ六は、明日の夜明けに処刑と決まった。
 「あの巻物さえあれば」 と、サダ六はくやしがった。すると、どこから入ってきたのかシロが牢屋に現われた。
 

 「シロー、家(うち)から巻物を持ってきてくれー」とサダ六がいうと、
 「ウワォーン」
とさけび、すぐさま牢屋を飛び出して行った。
 「シロー、頼むぞー、明日の朝までだー」
 サダ六は、さけんだ。
 シロは、雪道をひた走りに走った。山を越えた。谷を越えた。十里の山道を走り続けた。
 サダ六の家では、女房が、いつまでも帰らないサダ六の身を案じて、寝むれない夜を送っていた。
 夜中のこと、外でシロのワンワンほえる声が聞こえた。女房が戸を開けると、シロが飛び込んできた。
 「シロー、何かあったの」
 シロは、神棚の上にある巻物に向かって、狂ったようにほえ続けた。女房は、ハッとして気がついた。すぐに巻物を取りシロにくわえさせた。シロはまた、隣りの国めざして、走りに走った。だんだん空が白んでくる。
 

 挿絵:かわさき えり
 そのころ、サダ六は牢屋の中でいっすいもせず、シロの帰りを待っていた。
 ついに夜が明けた。シロは戻ってこなかった。
 サダ六は処刑場に引き出され、役人に処刑されてしまった。そのとき、巻物を口にくわえた一匹の犬が刑場に飛び込んできた。遅かった。サダ六は、もう冷たくなっていた。
 

 
 シロは、サダ六のなきがらを引きずって、峠の森まで運んだ。そして、南部の国の方を向いて、
 「ウワォーン、ウワォーン」
と、何度も何度も、遠ぼえを続けた。
 それからというもの、村人達は、この森を“犬ぼえの森”と呼び、いつまでもいつまでも、サダ六とシロの情愛深い物語を語り伝えている。
 

秋田県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

一夜の菜種(いちやのなたね)

一夜の菜種(いちやのなたね)

むかし、あるときのこつ、嵐が来よって、大雨が滝(たき)のように降りよったげな。ごんごん降って一向におとろえん。「それ遠賀川に水が来よるぞ」「きつい荒…

この昔話を聴く

米良の上漆(めらのじょううるし)

米良の上漆(めらのじょううるし)

むかし、日向(ひゅうが)の国(くに)、今の宮崎県の米良(めら)の山里に、二人の兄弟がおったそうな。二人は米良の山奥に分(わ)け入(い)って、漆(うる…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!