ざとうのき
『座頭の木』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
再話 今村 義孝/今村 泰子
提供 フジパン株式会社

 昔、あったずもな。
 あるどこに川の渡守(わたしもり)居てあったど。
 その年、うんと雨降って、洪水出て大変であったど。
 洪水のあと、渡守り、流れてくる木を拾うどて、舟出したど。したば、向うの方がら、うす汚い物流れて来んだと。
 「おや、良(え)え木っコ流れで来るねぇが」
 て、待っでだば、木っコでねぐ、死人であったど。
 「なんと、かわいそうだぁ」
 て、引き上げだば、座頭っコだずもな。
 

 渡守り、人っコ良え人で、自分で背負(しょ)って畑の中さ埋めでおいだど。
 したば、ニ、三日経(た)って、そこから木の芽が出て来で、だんだん大っきぐなって、見た事もねぇ木、おがって来だど。隣り近所だれも、その木の名前覚えている奴(やつ)いねぇずもな。
 して、その木、大木になっでしまったど。
 近所の子守っコたち、
 「座頭っコ埋めだば、木になった」
 ど、言って歩くもんで、大した評判なって、見に来る人いっぱい居だど。
 

 して、その木がつぼみもっだど。そのつぼみ大っきぐなって、赤だの、紫だの、黄色だの、白だのって、なんとニ尺も三尺もあるよな、大っきい大っきい花咲いたもんで、あっちの町がら、こっちの町がら、人、うんと見に来で、渡守りだば、大した銭(ぜん)コ貰(もら)って裕福になっだど。
 その花っコのまん中に、座頭っコ一人ずつ居るのだど。
 なんと珍らしくて珍らしくて、花っコの中皆ひとつずつ覗(のぞ)いで見たれば、太鼓たたいでる格好(かっこう)してるの、三味線ひく手つきしてるの、鐘っコ持ってるの、口開(あ)いで歌うたう様子(ようす)してるの、笛、口にあててるの、だのなんの、いろんな芸をしている格好なんだど。
 それがまた評判になって、大したもんだったずもな。五十里も六十里も遠ぐの方がら見物人来だど。
 

 挿絵:かわさき えり
 やがて風っコ吹いで、その花、川の中さ落ち出しだば、三味線ひく、太鼓ただく、笛吹く、歌うして、なんと賑やかで、賑やかで、見ものだど。
 ドンチャン ドンチャン ヒャララララ
 て、賑やかに流れて行く中で、また芸のない座頭っコ花もあっで、それだば、ズブズブ ズブズブって沈んで行ったど。
 渡守だば、大した銭コもうけで、喜んでだど。
 

 花散っだば、今度(こんだ)ぁ童(わらし)っコの欲しい物、いっぱい座頭の木さかかっでるずもな。
 赤い着物、赤い下駄、赤い帯だの前垂(まえだり)だのってえナァ。童っコどもだちゃぁ上の方見で、
 「ああ、おらに赤(あき)ぁ着物落ちで来ば良(え)えなぁ」て、見でれば、ゴオゥッと風吹ぐど、ヒラヒラヒラヒラって、童っコのどこさ落ちで来るど。
 「ああ、おら赤ぁ前垂欲しいなぁ」
 て、見でれば、ゴオゥッど風吹ぐど、ヒラヒラヒラヒラって、赤ぁ前垂落ちで来るどなぁ。
 落ちるときにゃあ、みな、願った童っコのどこさ落ちで来るど。

 これきって とっぴんぱらりのぷう。
 

 挿絵:かわさき えり

秋田県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

赤マントやろかー(あかまんとやろかー)

赤マントやろかー(あかまんとやろかー)

創立何十年もたつという古い学校には、必ず、一(ひと)つや二(ふた)つの、こわーい話が伝わっている。中でも多いのが、便所にまつわる怪談だ。今日は、一つ…

この昔話を聴く

猿の経立(さるのふったち)

猿の経立(さるのふったち)

むかし、あるところに力の強い樵夫(きこり)がおった。あるとき、樵夫が山へ木を伐(こ)りに行ったら、奥山に巨(お)っきな樹(き)があった。径渡(さしわ…

この昔話を聴く

現在614話掲載中!