こぶなのゆめ
『小鮒の夢』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
再話 今村 義孝/今村 泰子
提供 フジパン株式会社

 昔、あったずもな。
 川の中にいた小鮒(こぶな)のせいしょう、ある晩夢みたずもな。
 四本柱立って、サラサラ雪降って、濁(にご)った川さドブンと落ちだ夢だったずもな。
 朝間(あさま)に起きで、あまり気持悪ぐで、河鹿の法印様のどごさ占っつもらいに行(え)ったど。
 「法印様、おれ、こんた夢見だども、いい夢だが占ってけれ」
 「ん、どれどれ」
 て、法印様言って、算木(さんぎ)やめどぎ(筮)おろして占ってたば、
 「お前(めえ)ナ、あまりいい夢でねぇ。食物に気つけねぇば、生命にかかわる。気を付げだ方良(え)え」
 

 挿絵:かわさき えり
 て、言ってくれたら、小鮒のせいしょう面白ぐなぐでハァ、心配でならねがったど。
 家さ戻る途中まで来だば、何とうめえ香(かお)りしたと思っで見だば、上からうまそうな御馳走さがってるずおん。
 

 それ取って食うと思っだども、今、法印様に言われたこと思い出しで、通り過(すご)しだども、
 なになに良えべと思いなおしで、下(さが)ってだ御馳走、パクリとぱくついたら、それぁ、魚釣ってる人の針であったわけだ。
 小鮒のせいしょう、やがてまな板の上さあげられ、包丁でうろこおろされだと。して、味噌汁の中さ、ドブンと入れられて、煮られてしまったど。
 法印様が占い、小鮒のせいしょうが見た夢は、四本柱はまな板で、サラサラ雪降るのが包丁でうろこをおろされるで、濁った川さドブンというのは、味噌汁のことであったわけだ。

 これきって、とっぴんぱらりのぷう。
 

 挿絵:かわさき えり

秋田県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

ネズミとイタチの寄合田(ねずみといたちのよりあいだ)

ネズミとイタチの寄合田(ねずみといたちのよりあいだ)

むかし、あるところにネズミとイタチがおって、川原でばったり出合ったそうな。「ネズどん、ネズどん。ここの草むらをおこして、二人で粟(あわ)でも蒔こうや…

この昔話を聴く

泥棒狐と熊の尾っぽ(どろぼうぎつねとくまのおっぽ)

泥棒狐と熊の尾っぽ(どろぼうぎつねとくまのおっぽ)

むかし、あるところに悪知恵の働く狐がおったと。ある冬の寒い日、狐は腹を空かせて、どこかに食べる物はないかと探し探し川辺りまで来たと

この昔話を聴く

現在622話掲載中!