はだかはんざぶろう
『はだか半三郎』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
話者 渡辺 きく
採集 今村 泰子
整理 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに「はだか半三郎」ていう若い男、いてあったと。
 食う物も、着る物も何も無(ね)ぇ貧乏な人であったと。
 ある時、世話好きな人、
 「はだか半三郎さ、嫁もらえ」
 て、いったけゃ、
 「おれみたいな食う物も無ぇ人だ所(どこ)さ、来る嫁なんの居無ぇ」
 て、いったども、その人
 「おれ、世話する。まんず糖(こぬか)買え」
 て、銭こ渡したと。
 「はだか半三郎」、そこで毎日、

はだか半三郎挿絵:かわさき えり
 「糖買おう、糖買おう」
 て、歩いて、糖五俵も買って来たと。
 して、毎日、こっちゃもドンドン、そっちゃもドンドンで糖ついて、川さ流すわけだ。したけゃ、川下の長者の家では、
 「毎日川さ白い水流れて来て、水もなんも汲まれねぇ」
 て、いうわけだ。そこで、世話好きな人、長者の家さ行って、

 「川上のはだか半三郎、このごろ金持ちになって、毎日米ついてたいしたもんだ。娘さんどこ、はだか半三郎さ嫁にやらねえかぁ。おれ世話する」
 て、いったけゃ、長者、
 「そうだか、娘くれてやる」
とて、相談きまったと。
 したども、はだか半三郎の家では、箪笥(たんす)、長持(ながもち)もってきても、あばらやだもん、置く所も何(な)も無ぇわけだ。
 したけ、娘、がっかりしたども、
 「ここさ行けて出されて来たんて、帰られねぇ」
とて、いうわけだ。

 ある日、はだか半三郎、
 「おれ、出かけるから、焼飯(やきめし)握れ」
 て、嫁さ言ったども、
 「焼飯握るすべ分らねぇ」
 「そうだか」
 て、自分で焼飯握って出かけたわけだ。
 はだか半三郎の家には、びっこ馬一匹と、めっかち鷹一羽いたわけだ。はだか半三郎、びっこ馬さ乗って、めっかち鷹どこ連れて、ビックタラ、ビックタラと歩るいて行ったと。
 して、川の橋のたもとさ来たけ、河童寝てたと。
 「コラッ コラッ、どけれっ。そこさ寝てたらいけねぇ」

 て、大っきな声出しておこったと。河童、たまげてしまって、
 「今に宝物持って来るんで、ご免してけれ」 て、いったと。
 「コラッ コラッ、この鷹は火の中でも、水の中でも潜るぞ。早く持って来い」
 て、いったけゃ、河童、今度ぁ宝物持って川からあがって来たと。
 「これは延命小槌(えんめいこづち)ていう物だ。これ振れば何でも欲しい物出はる」
 て、いったわけだ。
 はだか半三郎、それ持って広い野原さ行って、
 「大(おっ)きい家、出はれぇ―っ」
 て、振ったけゃ、大きい家出はったと。
 「なんでも家の道具、出はれぇ―」
 て、いったけゃ、何でも出てきたわけだ。
 して、家さ帰(け)ぇって、嫁どこ、
 「あっちに大きな家あるから、来い」
とて、連れていったと。して、今度ぁ、
 「お前のお父(ど)さんどお母(が)さんどを呼ばるから、用意すれ」
 て、長者どんとこ呼ばって来て、ご馳走したけぁ、大した喜んだど。

はだか半三郎挿絵:かわさき えり
 夜さなって、長者どん帰(け)えることになったども、提灯無(ちょうちんね)ぇかったど。
 したっきゃぁ、はだか半三郎、我が家さ火ぃつけて燃やしたど。長者どんびっくりしているどこさ、

 「この灯りあるうちだば、家さ着くべ」
とて、送り出してやったど。焼けた後に、
 「大っきい家出はれ―っ」
 て、いったけゃ、また大っきい家出はったわけだ。
 今度ぁ長者どんから、はだか半三郎とその嫁さ、
 「家さ来い」
とていって来て、呼ばれて行ったど。
 大したご馳走して呉れたわけだ。夜になって、はだか半三郎と嫁が帰るといったけゃ、長者どんも負けていねぇ。我が家さ火ぃつけて送り出したど。長者どんの家でだば、二度と大きい家建てられねがったと。
 提灯のある家だもの、提灯つけて送ればいいやつナ。
 だから、そういう人の真似なのしたら、いけねぇって、こういう話聞くもんであった。

 とっぴんぱらりのぷう。

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

河童の恩返し(かっぱのおんがえし)

河童の恩返し(かっぱのおんがえし)

むかし、あるところにひとりの正直(しょうじき)な男が住んでいたと。ある年の春、用水路の脇の田圃(たんぼ)へ田打(たうち)に行ったと。昼時(ひるどき)…

この昔話を聴く

九曜の星(くようのほし)

九曜の星(くようのほし)

むがし、むがし、いつの頃だが知らねけどあったけど。殿様が、世間の人々を悩ませで面白がっていたど。あるどき、染物たのみだ、といって、一番上手な染物屋に…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!