『あぐばんば』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
再話 今村 泰子
整理 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 土炉(じろ)の灰(あぐ)を悪戯(えたずら)して掘るど、その穴がら 灰ばんば 出てくるぞ。

 昔(むがし)、あったけど。
 隣の隣の村さ、灰ばんば居(え)たけど。え(い)つも灰の下さ入(へ)ぇっていで、穴あげるどすぐ出て来るなだど。
 その灰ばんばでば、眼無(まなぐね)ぐで鼻と口ばかり。
 その口と云(ゆ)っでも、頭(あだま)のてっぺんさあって上の方さ向いでいるなだど。
 して、毎年(まえどし)、若(わげ)ぇ娘をさらって、自分の家さ連れで行って食ってしまうなだけど。
 

 挿絵:かわさき えり
 して、その村さ今年十八なるめんけ娘いたけどナ。とうとう、灰ばんばに見(め)つけらぇでしまたど。
 

 父(とど)と母(あば)、ド心配(しんぺ)して、娘を土炉のあるどころがら、ずっと離れだどごろさ隠(かぐ)すどてしたなだど。したば娘、
 「ンだでも、何時(えず)か誰れかが灰ばんばを退治(てえじ)さねば駄目だけ、俺行って退治して来(く)がら一枚石ど餅、用意してくれ」
 どて、云(ゆ)ったなだど。

挿絵:かわさき えり

 父も母も仕方無ぇどて、一枚石と餅ば娘の背中さ背負(しょわ)せで、灰ばんばを待っていたなだど。
 灰ばんば、ようろと来だ。
 めんけ娘、連れらえで灰ばんばの家さ行(え)ったど。
 行ったば、灰ばんば、
 「まんず 風呂たけ」
 どて、云ったなだど。めんけ娘、風呂わかしておいたど。したば今度(こんだ)、
 「土炉さ、火ィたげ」
 どて、云うけど。そえでめんけ娘、そっと一枚石を土炉の中さ入(え)れでおいだど。そのうぢ今度、
 「餅焼け」
 どて、云うけど。そごで、背中がら餅を下ろしていたば、
 「餅、食しぇれ」
 どて、頭の上の口、アングリ開げだど。
 

 今だ、ど思で、土炉の中さ入れでおいだ一枚石を、その口さ、ドスーンど入れでやっだど。したば、灰ばんば、
 熱ちじゃ アンアン
 熱ちじゃ アンアン
 熱ちじゃ 熱ちじゃ
 アン アン アン
 どて、泣ぎながら風呂の方さ行くどこだっけが、熱くしておいた風呂の湯を、灰ばんばさぶっかけだど。灰ばんば、
 熱ちじゃ 熱ちじゃ。
 アン アン アン
 どて、叫びながら、死んでしまたけど。

 とっぴんぱらりのぷう。
 

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

泣き味噌三文、笑ったら五文(なきみそさんもん、わらったらごもん)

泣き味噌三文、笑ったら五文(なきみそさんもん、わらったらごもん)

あんたさん、こういう唄、知っていなさるかい。「泣き味噌小味噌 笑ったら五文 泣き味噌三文 笑ったら五文 あっぷっぷ」泣く子へのあやし唄でね、今はあまり聞かなくなりましたが、私ら子供のころはあちこちでよく唄っていましたよ。

この昔話を聴く

蛸の脚七本(たこのあしななほん)

蛸の脚七本(たこのあしななほん)

むかし、海べの村に、ひとりの婆さんが住んであった。婆さんは毎日浜へ出ては貝(かい)などを採(と)り、それを売って暮らしていたと。ある日のこと、婆さん…

この昔話を聴く

現在622話掲載中!