ふゆのよばなし「ゆきばば」と「ことろ」
『冬の夜ばなし「雪ばば」と「子とろ」』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
再話 (「雪ばば」)今村 泰子
再話 (「子とろ」)六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 (『雪ばば』)
 昔、あったずもな。
 冬なってナ、雪コうんと降るどき、わらしコ達(だ)泣けば、雪ばばおりてくるど。
 してナ、
 「小豆(あずき)コ煮(に)えだが、煮えだかよ。庖丁(ほうぢよ)コ研(と)げだが、研げたかよ。」
 ってナ、まわって歩(あ)りって、泣いでるわらしコ達居(え)れば、連れで行がれるど。
 ンだがら、おみや達泣かれねっや。

 とっぴんぱらりのぷう。
 

 挿絵:かわさき えり
 まだ語れってか。
 ンだら、もひとつだけだゾ。
 あんまし語っと、天井からネズミに小便(しょんべん)ひっかけられっからナ。
 

 (『子とろ』)
 昔、あったずもな。
 夜 なってナ、雪コの降る音が聞こえるようなどき、いつまでも寝ねェでるわらしコ達いたら、山がら、子盗(こと)ろ、おりてくるど。
 してナ、
 「子とろ 子とろ 寝ね子は いねがあ 子とろ 子とろ 寝ね子は いねがあ」
 ってナ、まわって歩りって、寝ねェわらしコ達居れば、窓がら毛むくじゃらの腕ェ延びできで、つかめェられで、連れで行かれるど。
 ンだがら、おみや達、早よ寝ろじゃ。

 とっぴんぱらりのぷう。 

 挿絵:かわさき えり

秋田県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

梟とカラス(ふくろうとからす)

梟とカラス(ふくろうとからす)

昔、あるところに染物屋があったと。この家の息子は仕事もせんと遊んでばっかりの極道者(ごくどうもん)だったと。あるとき、お城のお侍(さむらい)が白絹(…

この昔話を聴く

山姥報恩(やまんばほうおん)

山姥報恩(やまんばほうおん)

昔、あるところに、ちゅうごく忠兵衛(ちゅうべえ)さんという人があった。なかなかの善人(ぜんにん)だったと。ある冬のこと。その日は朝から雪が降って、山も畑も道も家もまっ白の銀世界だと。寒うて寒うて、だあれも外に出ようとせんかったと。

この昔話を聴く

現在589話掲載中!