へっぴりじい
『屁っぴり爺』

― 秋田県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むがしあったぞん。
 あるところに善(よ)い爺(じい)ちゃと、婆(ばあ)ちゃといてあった。その隣にはひどく性骨(しょうぼね)の悪い爺と婆がいた。
 ある日、善い爺ちゃが山へ行って、ダンキダンキと柴(しば)を刈(か)っていたら、
 「誰(だれ)だ、長者殿の山の柴刈る奴(やつ)は」
と叫(さか)ぶ者がある。そこで、
 「山々(やまやま)の屁(へ)っぴり爺だ」
と答えたら、
 「そんならここへ来て、屁たれろ」
と言う。爺ちゃ、そこへ行き、

屁っぴり爺挿絵:かわさき えり
 〽 綾(あや)キュキュ 錦(にしき)サラサラ
    五葉(ごよ)の松原(まつばら)
    トンピンパラリのプウ
と、屁、こいた。そしたら、「また一つ」と所望(しょもう)されたので、もう一回、
 〽 綾キュキュ 錦サラサラ 五葉の松原
    トンピンパラリのプウ
と、屁、こいてやったと。

 そしたら、
 「やあ、みごと、みごと。こたら爺ちゃだら柴刈っていい。ほうびもやる。ここに重い葛籠(つづら)と軽い葛籠とあるが、どっちが欲しい」
と聞いた。爺ちゃ、正直(しょうじき)だから、
 「俺(おれ)だば年寄(としよ)って腰(こし)も痛いから、軽い方どて貰(もら)う」
とて、背負(しょ)って来た。
 家に帰って葛籠を開けてみたら、新しい腰巻(こしまき)に褌(ふんどし)、きれいな着物(べべ)から銭金(ぜんこ)が一杯(いっぱい)入っていたので、にわかに大金持ちになったと。

 それを聞いた隣の性悪婆(しょうわるばあ)、片足(かたあし)に草履(ぞうり)、片足に下駄(げた)をつっかけて、柱に頭を打(う)ちつけたり、小便壺(しょんべんつぼ)に片脚(かたあし)を落したりの大狼狽(おおうろだえ)で帰って行って、爺どこやまへやったと。
 性悪爺(しょうわるじい)、やっぱりダンキダンキと柴を刈っていると、
 「誰だぁ、長者殿の山の芝刈るやつ」
どて、とがめるから、
 「山々の屁っぴり爺だ」
と答えたら、
 「そんならひとつたれろ」
と言う。性悪爺、着物の尻(けつ)っこまくって、

 〽 綾キュキュ 錦サラサラ 五葉の松原
    トンピンパラリのブウッ
とやったら、あんまり気張(きば)り過ぎて、ベチョ糞(ぐそ)がベタベタと出た。
 「あやあや汚(きた)ならし」
と言われて、
 「あ、いや、今のは屁ならしで、これからが本こだ」
と言うて、気張ってやったら、またベチョ糞が出た。
 それでも葛籠を二つ出して、どれでも持って行けというから、性悪爺、
 「俺だば力があるから」
どて、重い方を背負って来た。
 家に帰って、葛籠を開けて見たら、中は蜘蛛(くも)の巣だらけで、怖(おそ)ろしい化物(ばけもの)がぞろぞろ出て来た。性悪爺と婆、魂消(たまげ)て死んでしまったと。

 にしきさらさら ごよのまつばら とっぴんぱらりのぷ。

屁っぴり爺挿絵:かわさき えり

秋田県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

目ひとつ五郎(めひとつごろう)

目ひとつ五郎(めひとつごろう)

むかし、ある船が都で荷を積んで船出したそうな。ところが、途中で風向きが変わって、船は、どんどん流されてしまったと。いく日も、いく日もかかって、やっと…

この昔話を聴く

窪川の万六(くぼかわのまんろく)

窪川の万六(くぼかわのまんろく)

むかし、窪川(くぼかわ)の万六(まんろく)といえば、土佐のお城下から西では誰一人として知らぬ者はない程のどくれであったと。ある日、あるとき。旦那(だんな)が所用(しょよう)があって、高知(こうち)のお城下まで行くことになったそうな。

この昔話を聴く

現在598話掲載中!