『あくやのしろど』

― 秋田県 ―
再話 今村 泰子
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに『あくやのしろど』ていう仲の好(え)え夫婦(ふうふ)いてあったと。
 して、どっち死んでも七年間は後添(のちぞえ)貰(もら)わねことに約束したわけだ。
 したけ、嬶(かか)さんだ人死んでしまったと。お父さん、まんずお母さんに死なれたっけ、たいした不自由で、難儀(なんぎ)してたと。
 友達方、毎日、後添えの嬶さん貰えとすすめにくるわけだ。
 「なんと、あの嬶とだば、七年間は後添え貰わぬ事に約束してあった」
と、言ったども、あまり友達にすすめられるんてかに、とうとう仕方なく、後妻(あとかか)貰ったわけだ。
 それからていうもの、毎晩げ、魂(たましい)来るとナ。

あくやのしろど挿絵:かわさき えり
 「あくやのしろどは うちにか
  七年待てとの お約束  カラン、カラン」
て、来るわけだ。
 あまりおっかねくて、おっかねくて、友達さ魂来るとてしゃべったと。
 「魂なんて来るもんだてか。きっと狐(きつね)かむじなに相違(そうい)ない」
て、言って、その晩(ばん)げ、皆して待っていたと。

したけ、魂きたわけだ。
 「あくやのしろどは うちにか
  七年待てとの お約束  カラン、カラン」
て、真白な着物着て来て言うわけだ。
 皆どてんしたども。
 「それっ」
て、かかっていって、ぶっ殺してしまったと。
 して、
 「これヒャ、化物だこったば、朝日さ照(て)らせば分かる」
とて、朝日の昇(のぼ)るの酒コ呑(の)んで待って、して、朝日さ照らしたけ、古し狐(きつね)であったと。
 それから、魂来ねぐなったと。

  とっぴんぱらりのぶう。

あくやのしろど挿絵:かわさき えり

秋田県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

冬の夜ばなし「雪ばば」と「子とろ」(ふゆのよばなし「ゆきばば」と「ことろ」)

冬の夜ばなし「雪ばば」と「子とろ」(ふゆのよばなし「ゆきばば」と「ことろ」)

昔、あったずもな。あるどこに川の渡守(わたしもり)居てあったど。その年、うんと雨降って、洪水出て大変であったど。洪水のあと、渡守り、流れてくる木を拾…

この昔話を聴く

からたち姫コ(からたちひめこ)

からたち姫コ(からたちひめこ)

むかしむかし、あるところに爺さまと婆さまが住んでいたと。二人は、家の裏の畑に一本のからたちの木を植えて、それを子供替わりに大事に育てていたと。

この昔話を聴く

現在606話掲載中!