しっぽのつり
『尻尾の釣り』

― 青森県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、猿とかわうそが棲(す)んでいたそうな。
 猿は、かわうそがいつも魚をとってはおいしそうに食っているのを見て、うらやましくてたまらない。
 ある日、猿はかわうそに、
 「かわうそどん、どうしたらそんなに魚がとれるのかい」
と、聞いた。
 かわうそはまじめな顔をして教えた。
 

 「あの川に氷が張ったとき、氷に穴をあけて、尻尾をさしこんでおけば魚はひとりでに食いついてくるさ。そのとき尻尾を引っ張れば、なんぼでもとれらぁね」
 『これはいいことを聞いた』と、猿は、その夜早速(さっそく)氷の上に座って氷に穴をあけ、尻尾をさし入れて魚の食いつくのを待った。

挿絵:かわさき えり
 

 しばらくすると、猿の尻尾をびくらびくら引っ張るものがある。
 「さあ、雑魚(ざこ)が一匹くいついた」
と、喜び

 小っさい雑魚は あっちゃいけ
 大っきい魚は こっちゃこい

 と、うたいながら、なおも、じっとしていたそうな。すると、今度は前よりも痛く、びくびくっと尻尾を引いた。
 「今度は二匹くいついた」
 「今度は三匹くいついた」
 猿は、尻尾が水の中で凍っていくのも知らないで、引っ張られるたびに勘定(かんじょう)しながら待ったと。
 

 やがて、川には厚い氷がすきまなく張り、猿の尻尾も凍りついてしまった。
 「さあ、今度は上(あ)げよう」
と、猿は尻に力(ちから)を入れて「うん」と引き上げたが、尻尾はぴたりと食いついて離れない。
 「ははあ、こりゃ大きな魚だわい」 と、喜んで、

 ますがついたか やんさあ
 さけがついたか やんさあ

 と、うたいながら顔を真っ赤にして引き上げた。
 

 が、ちょこっとも動かない。
 さすがに猿もあわてて

 ますもいらない のいてくれ
 さけもいらない のいてくれ

 と、泣きうたうたって、力いっぱい「うん」と引き上げたと。
 そしたら何と、猿の尻尾は、根元(ねもと)からプッツリ切れてしまったそうな。
 猿の尻尾が短かく、顔は赤く、尻もただれて赤くなったのは、こんなことがあったからだそうな。

 とっちぱれ
 

 挿絵:かわさき えり
 
 

青森県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

江差の繁次郎「みがき鰊、たでで一本」(えさしのしげじろう みがきにしん、たででいっぽん)

江差の繁次郎「みがき鰊、たでで一本」(えさしのしげじろう みがきにしん、たででいっぽん)

江差(えさし)の繁次郎(しげじろう)は、はたして利巧(りこう)なのか阿呆(あほう)なのか、よく判(わ)からんところがあったと。忙(いそ)がしかったニ…

この昔話を聴く

川姫(かわひめ)

川姫(かわひめ)

昔、紀伊の国、今の和歌山県の※1北富田(きたとんだ)に、与平(よへい)という釣(つ)りの好きな男がおった。ある日のこと、与平はいつものように富田川(…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!