はくまいじょう
『白米城』

― 青森県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
提供 フジパン株式会社

 むかし、戦国の世には、日本のあちこちでいくさがあった。
 力の強い者が力の弱い者をほろぼして、自分の領土をどんどん広げていった。
 だけれども、力は弱くても、山の上に城を持っていれば、なかなか、いくさには負けなかった。どこから敵が来てもすぐに分かるし、矢を射たり、石を投げつけたりして、防ぐことができる。
 陸奥(むつ)の国、青森県に、大茂城(だいもじょう)という山城(やまじろ)があった。
 あるとき、隣りの国の南部弥太郎(なんぶやたろう)が大軍でせめてきた。
 それでも大茂城では、山の地形を利用して、南部勢(なんぶぜい)を防いでいた。 

 挿絵:かわさき えり
 ところが、山の上にある城だから、井戸の水がでない。おまけに、ここのところ雨も降らなかったから大変だ。
 何日も城にたてこもっているうちに、城に蓄(たくわ)えてあった水も、だんだん無くなっていった。
 それを知っている南部勢は、
 「水が無くなれば、我(わが)軍の勝利だ」
 

 といいあい、城を遠まきにして見守っていた。
 ある日のこと、南部の見張りが大茂城の様子をうかがっていると、不思議なことが起った。
 水が無いと思っていた大茂城では、ザァーザァーザァーザァーと水をぶっかけては馬を洗っている。
 見張りがさっそく、南部の殿様に報告すると、殿様は考え込んでしまった。
 「うーん、敵に水さえ無くなれば、いっきに攻めほろぼすつもりであったが、水で馬を洗うとは、きっとどこかに水の出る所があるに違いない」
 しかたなし、城を攻め落すのをあきらめ、引きあげようとしたとき、一人の老婆に出会った。南部の殿様は、
 「これ、これ、大茂城には、どこか水の出るところがあるのか」
と聞いてみた。老婆は、
 「いーや、あの城には水の出る所などありゃぁせん」
 「でも、城の中では、水で馬を洗うておるというではないか」
 

 挿絵:かわさき えり
 老婆は、ハッハッハッハッと高く笑うと、
 「ようく見なされ、あれは水ではなく、白米じゃ。雀(すずめ)がチョコチョコついばんでいるのが何よりのあかしじゃ、馬を白米で洗うて、水のように見せかけているわけじゃよ」
 

 南部の殿様は、老婆のことばにハッとした。
 「そうだったのか、うまうまとだまされるところであった」
というが早いか、大声で、
 「ものどもー、よーく聞け、大茂城には水が無いぞ。相手は弱っている。今こそ、あの城をせめおとせ」
と、号令をかけた。殿様のことばに勢いづいた南部の軍勢は、それーっとばかり、大茂城へ押しよせた。
 水が無くて身体が弱りきっていた大茂城の軍勢は、戦う気力など、ありゃぁせん。あっという間に大茂城は落ちてしまった。
 

 それからというもの、城の秘密(ひみつ)を教えてしまった老婆の家では、皆、早死にをするようになった。
 人々は大茂城で死んだ者達のたたりだろうとうわさしたと。
 

青森県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

夢合わせ(ゆめあわせ)

夢合わせ(ゆめあわせ)

むかしむかしあったと。あるところにお大尽(だいじん)がいてな、正月の二日(ふつか)に何人もの下男下女を集めて、夢合わせしたそうだ。「わたしゃあ、こう…

この昔話を聴く

しばられ地蔵(しばられじぞう)

しばられ地蔵(しばられじぞう)

享保(きょうほ)三年というから、一七一七年、今から二六六年も前のこと、江戸、つまり、東京でおこったことだ。本所の南蔵院(なんぞういん)という寺の境内…

この昔話を聴く

現在614話掲載中!