にしきえのあねさま
『錦絵の姉さま』

― 青森県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに貧乏な婆(ばあ)さまと伜(せがれ)が住んでおったと。
 伜がその日その日の手間取りに歩いて、わずかな手間賃をもらって暮らしておったと。
 ところがそのうちに婆さまが寄る年波に勝てずに死んでしもうた。
 そうしたら、伜は、食事の仕度や、洗濯や、何事につけても不自由この上ない。
 嫁をもらいたくても金は無し、わびしい一人住いをしておった。

 あるとき、手間取りに行った家の庭に、きれいな姉さまを画いた錦絵が落ちていた。伜はそれを拾うて来て、家の壁に貼った。
 そして、仕事から戻ると、その日一日の出来事を錦絵の姉さまに、まるで生きている人に話すように語って聞かせていたと。
 

 挿絵:かわさき えり
 ある日のこと、伜が夜になって戻ったら、家の中はきれいに掃除がしてあった。
 囲炉裏には火がおきて、湯が沸いている。食事の仕度も出来ていて食べるだけになっていたと。
 「はて、いってぇ誰がしてくれたやら」
 不思議に思いながらも、その日は食べた。食べながら、壁の錦絵の姉さまに語りかけたと。
 

 「お前(め)はいつ見てもきれいだなや。お前みていな嫁はとっても望むことも出来ないが、仕事から帰って来て、今日みていに家の中が温(ぬく)もっていると、おら、お前と夫婦になったような気分だ。はい、おごっつぉぅさん」
 その夜は気分よく眠ったと。
 ところが、次の日も、その次の日も、来る日くる日が家の中がきれいになってご飯の仕度が出来ている。
 伜は、これはきちんと会って礼を言わなくてはならん、もし村の娘ならば嫁に来てくれろというつもりで、二階に隠れて様子を見ることにしたと。
 そしたら丁度昼頃になって、家の中に一人の美しい姉さまが立っておらした。
 

 伜は、はっとして目をこらしていると、姉さまはタスキをかけて、そこここを片づけしたり、掃いたり拭いたりした。それが終わると、囲炉裏に火を焚いて鍋に湯を沸かし始めたと。
 伜が二階から下に飛びおりたら、そのひょうしに姉さまはふんわり火に飛び入(い)って、ぼおっと燃えてしもうたと。
 伜はびっくりして燃えかすをよく見ると、灰には絵姿らしき形が残っていた。
 「はて、どっかで見た姿だな」
 

 と首を傾(かし)げて、何げなく壁を見た。そしたらなんと、壁に貼ってある錦絵の、姉さまのところだけが真っ白になっておった。
 錦絵の姉さまは、嫁のない伜を不憫(ふびん)に思って、絵から抜け出て家事仕事をしてくれていたのだと。
 伜が飛び下りたあおり風のために、かわいそうに吹き飛ばされて焼けたんだと。
 絵でも何でも、いつも語りかけていると魂が入るもんなんだと。

 とっちぱれ。 

 挿絵:かわさき えり
 

青森県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

箱根のあまのじゃく(はこねのあまのじゃく)

箱根のあまのじゃく(はこねのあまのじゃく)

むか-し、むか-し、気の遠くなるくらい大昔のことだ。箱根(はこね)山に天から来たという神様とも人間ともつかぬ面(つら)をして、へそまがりで、力持ちの…

この昔話を聴く

蟹の恩返し(かにのおんがえし)

蟹の恩返し(かにのおんがえし)

昔、あるところに一人の爺様(じさま)がおって、前千刈(まえせんか)り、裏千刈(うらせんか)りの田地(でんち)を持っておったと。その爺さまに一人の気だ…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!