へったれじい
『屁ったれ爺』

― 青森県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに爺さまと婆さまといてあったと。
 ある天気のよい日に、婆さま、麦干(ほ)していたら、そこへ雁(がん)が飛んできて下りたと。
 爺さま、ソバ餅を食べて食べて、腹ぁきつくて、屁ェ出したくなった。が、仕事しとる婆さまに遠慮(えんりょ)して尻の口に栓をして寝ていたと。がまんしてがまんして、がまんしきれなくて、とうとうぽーんと屁ェたれた。その拍子に栓が抜け飛んで、雁に当って雁は死んだと。
 晩げになって爺さまと婆さまが雁汁(がんじる)を食べていたら、隣の婆が、
 「火コたもれぇ、火コたもれぇ」
といって、家に入ってきた。爺さまと婆さま、
 「火コもたもるし、雁汁も食っていけ」
といって、雁汁を椀にもってご馳走した。
 

 挿絵:かわさき えり
 隣りの婆、
 「うめじゃ、うめじゃ」
というて食べながら、
 「どうやって雁つかめえたや」
と聞いた。婆さま、
 「なぁんも、しねぇのさ。爺さ、ソバ餅たらふく食うて寝ていたら、屁ェこきたくなって、尻に栓かってたのが飛んで、雁に当っただけだ」
と教えてやった。隣りの婆、
 

 「うんめかった」
というて、帰ろうとするのへ、爺さにも、というて、別の椀に一杯持たせてやったと。

 次の日、隣りの婆は、ソバ餅をたくさん作ってむりやり爺に食わせ、尻に栓をかって寝かし、麦を干したと。
 麦干ししながら雁が飛んできて下りるのを待っていたが、雁は一羽も下りてこない。手持ちぶさたで、麦を掻(か)きまわしたと。
 寝ていた爺、麦を掻きまわす音を聞いて、てっきり雁が下りてきたと思って、ポーンと屁をたれた。栓が抜け飛んで婆に当り、婆は死んだと。爺、
 「婆、婆、雁コァ捕れたかあ」
というて、庭におりて見たら、婆が死んでいたと。
 欲張って人真似すれば、大水(おおみず)くらるじィ。

 どっとはらい。
 

 挿絵:かわさき えり

青森県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

盗人をなおす医者(ぬすっとをなおすいしゃ)

盗人をなおす医者(ぬすっとをなおすいしゃ)

むかし、江戸の小石川(こいしかわ)、今の東京都文京区に小石川診療所(しんりょうじょ)というのがあって、赤ひげ先生という、診(み)たても、治療(ちりょ…

この昔話を聴く

ペーロンの由来(ぺーろんのゆらい)

ペーロンの由来(ぺーろんのゆらい)

長崎では、七月の最後の日曜日、決まって港や深堀(ふかぼり)、三重(みえ)などの村々から、ペーロンのドラの音がひびいてきます。一隻(いっせき)の和船に、三、四十名の若者が、手に手にカイを持って乗り込み、勇(いさ)ましいドラの音にあわせて漕(こ)ぐのです。

この昔話を聴く

現在628話掲載中!