おにをわらわせたじいさま
『鬼を笑わせた爺さま』

― 青森県 ―
語り 平辻 朝子
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところにひとりの爺(じ)さまが住んでおったと。
 爺さまは面白い昔(むかし)こ語(かた)っては、ひとを笑わせていたと。
 ところが爺さまも年齢(とし)が年齢とて、ある日、ころっと死んでしもうた。
 死んだ爺さま、極楽(ごくらく)へ行こうとていくがいくがいくと三途(さんず)の川(かわ)があった。銭六文(ぜにろくもん)払って舟に乗り川を渡ったと。
 向こうに着いたら鬼どもが待っていて、あれよあれよという間に、エンマ大王様の前に連(つ)れられて行ったと。
 エンマ大王様は、帳面(ちょうめん)を見て、
 「お前は地獄行き」
と告げたと。 

 「な、なんで」
 爺さま、魂消(たまげ)て、もう一回死ぬかと思うた。
 「これ爺、お前、娑婆(しゃば)では何をしていた」
 「は、はい、おら、生きていたときは昔こが大好きで、面白い昔こ語っては子供たちを喜ばしていたで、死んだら、てっきり極楽行きだと思うて楽しみにしていましただ」

挿絵:かわさき えり

 「いやいや、極楽なの高望み(たかのぞみ)だ。作り話の嘘ばかり子供に語っていたので、まんず、地獄行きだ」
 「そ、そんでも、子供たちは喜んでいましただ。地獄だなんて言わねえで、どうか極楽さやってけれ」
 「随分(ずいぶん)ねばる爺だこて。うーむ。ようし、そんでは、わしのそばにいるこの鬼(おに)な、これは生まれてからこのかた、一ぺん(いっぺん)も笑ったことがない鬼だ。これを笑わせたら極楽にやってもよいが、どうだ」
 「そりゃ、まことですかいのう。あとで『嘘(うそ)じゃった』なんて言わんじゃろうなぁ」
 「わしは人間を裁(さば)くエンマ大王じゃぞ。なんで嘘などつくものか」
 「そうですかい。そんなら、
 笑わん鬼のお前(まえ)さん、ちいっとかがんで耳を貸して下さらんかのう」
 爺さま、口を近づけて、小っさな声で、 

 挿絵:かわさき えり
 「ライネン、ライネン、ライネンな、
 なんやらかんやら、ゴニョラ、ゴニョラ
 ライネン、ライネン、ライネンだ」
と言うた。
 すると、笑わん鬼が急におかしがって、身をよじって笑い転(ころ)げた。 

 それを見たエンマ大王様、
 「こぉりゃたまげた。
 これ爺、お前、この鬼に何を言うた。何であのように笑うとる」
 爺さま、にやっと笑って、
 「なぁに、来年のことを言えば鬼は笑うに決(きま)っとる」
と言うた。
 エンマ大王様はかんしんするやら、くやしがるやら。それでも約束は約束。
 爺さま、めでたく極楽に行ったと。

 どっとはれぇ 

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

貧乏神の土産(びんぼうがみのみやげ)

貧乏神の土産(びんぼうがみのみやげ)

むかし、あるところに貧乏な爺(じい)と婆(ばあ)がおったと。師走(しわす)になったのに米が一粒もなくて、大晦日(おおみそか)の晩を侘(わび)しく過ご…

この昔話を聴く

不知火の松(しらぬいのまつ)

不知火の松(しらぬいのまつ)

むかし、神奈川県(かながわけん)の大師河原(だいしがわら)というところに、お父と娘の二人暮(く)らしの漁師(りょうし)が住んでおった。お父は毎朝、木…

この昔話を聴く

現在602話掲載中!