ゆきむすめ
『雪娘』

― 青森県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし むかし。
 北国の村に、子供のいない爺さまと婆さまが住んでおった。
 冬のひどい吹雪(ふぶき)の夜のこと、
 「ごめんなされ、ごめんなされ」
と、外で声がする。
 爺さまと婆さまは、こんな夜にだれだろうと思いながら戸をあけてみた。
 すると、このあたりでは見たことのない女が小さな女の子を連れて立っていた。ふたりとも真っ白に雪をかぶっている。 

 挿絵:かわさき えり
 「おーお、かわいそうに。道にでも迷(まよ)ったか」
 「さぁさ、つめたかろう。入ってあったまれや」
 爺さまと婆さまが思わず口ぐちに言うと、女は消えいるような声でたのんだと。 

 「お願いです。どうかこの娘(こ)をしばらくの間(あいだ)あずかってくだされ」
 「あずかってもよいが、おまえさんはいったいどうなさる?」
 爺さまは問いかえしながら女の子をだきあげた。
 そうしたら、とつぜん、目もあけられんほどビューと吹雪いて、女の姿がかき消えてしまったと。
 そんなことがあってから一月(ひとつき)、二月(ふたつき)とすぎたが、女は娘(むすめ)をむかえにこなかった。そのうちに娘も爺さまと婆さまにたいそうなついてしもうた。
 子供のない二人は、その娘を我が子のように大切に大切に育てたんだと。 

 その娘は、大きくなるにつれ、色の白い美しい娘になっていった。けれども、この娘はどういうわけか風呂(ふろ)に入るのが大嫌い(だいきらい)であった。いくらすすめても風呂に入ろうとしない。
 あるとき、爺さまと婆さまは、こんな美しい娘は風呂に入れてみがけばもっともっと美しくなるにちがいないと、いやがる娘をむりやり風呂に入れた。
 ところが、いつまでたっても娘は風呂からあがってこない。お湯の音もさっぱり聞こえん。
 「どうした、あんまり長湯(ながゆ)をするとのぼせるぞ」
 爺さまが声をかけたが何の返事もない。 

 だんだん心配(しんぱい)になって、爺さまと婆さまが風呂をのぞいたと。
 風呂の中にはだぁれもいなかった。
 「おーい、おーい」
と娘をよびながら、二人がお湯の中を見ると、そこには、娘がいつも髪(かみ)にさしていた赤いくしが、あぶくといっしょに浮いていたんだと。

 どんとはらい。 

 挿絵:かわさき えり

青森県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

朝茶の功徳(あさちゃのくどく)

朝茶の功徳(あさちゃのくどく)

昔あったけど。あるどこさ、爺(じ)ぃと婆(ば)ぁいだけど。家のそばさ大きい松の木生(は)えていでな、まるで、高砂(たかさご)の爺さまど婆さまの住む家…

この昔話を聴く

大分県の笠地蔵・ばっちょ笠(ばっちょがさ)

大分県の笠地蔵・ばっちょ笠(ばっちょがさ)

むかし、むかし、あるところに、爺(じい)さんと婆(ばあ)さんが住んでおったと。家が貧乏(びんぼう)で、年取りの夜(よ)さになっても、一粒(ひとつぶ)…

この昔話を聴く

現在619話掲載中!