しょうがつのゆめ
『正月の夢』

― 青森県 ―
語り 平辻 朝子
再話 大島 廣志
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、次郎作(じろさく)、金太(きんた)、長吉(ちょうきち)という、たいそう仲の良い男たちがおった。
 正月二日の朝、次郎作は不思議な夢を見た。
 次郎作は、朝目が覚めるとすぐに金太の家を訪(たず)ねた。 

 「金太、実はな、おらぁ今朝がた変な夢を見たや。猿が金箱(かなばこ)を背負って、両手に餅を持って家ん中さ入りこんできた夢だ。この夢、どんな意味があるだべか、占ってけへ」
 「おう、いいとも。そりゃあ変な夢どころか、すんごくいい夢だべさ。猿が金箱を背負って両手に餅を持って来るのは、福の神がやって来るっていうことにちげぇねぇ。めでたいから前祝いするべか」
と言うて、二人で酒盛りをはじめた。
 そしたらそこへ、長吉がやってきて、次郎作の夢の話と金太の夢占(ゆめうら)を聞かされたものだから、三人でいよいよ呑めや唄えのドンチャンさわぎになったと。 

 そうして、正月が過ぎて間もなく、次郎作にふってわいたように大金が転がり込んできたんだと。三人は、
 「ほらな、やっぱりな、福の神だべ。猿の夢は福の神だべ」
と、大喜びして、またまた酒盛りをしたんだと。

挿絵:かわさき えり

 そうして、いつの間にやらその年も早や過ぎて、次の年の正月二日の朝、今度は長吉が金太の家に駆け込んだ。
 「金太、金太、よぉく聞けよ。おらぁ、今朝がた不思議な夢を見た。めでたいんだべな。猿が金箱を背負って、家ん中で踊りを踊っている夢だ。次郎作と同じ夢だから、きっといい夢だべ」
 長吉は、去年中ずうっと次郎作のことがうらやましくてならなかった。それで、夢を見なかったのに夢を見たと嘘を言うた。 

 「その夢は本当か」
 「本当だ、本当だ」
 「そうか、それは困ったな」
 「何で困るんだ。去年の次郎作と同じ夢だべ。どこが悪いんだ」
 「長吉、お前(め)ぇのは次郎作と同じで無(ね)えんだ。猿は手に餅を持っていなかったべ。手にめでたい餅を持っていなかったから、福の神は来ねぇんだ。それどころか。逆なんだ。猿が金箱を背負って踊っただけで消えた夢は、お前ぇから金運が消えたってことなんだ。だから困ったなって言ったんだ」
 「そっただ馬鹿なことあるもんか。猿が餅なんか持っていねぇだって、きっと金が手に入るわい」
 長吉は、腹を立てて金太の家から出て行った。実は、長吉は次郎作をやっかんで一年すごしたばっかりに、つい、金箱のことしか頭になく、猿が手にしていた餅のことなんぞ、ころっと忘れてしまっていたんだと。
 その年、長吉の家の田圃(たんぼ)の稲には、一粒も実が稔(みの)らなかったと。嘘稲穂(うそいなほ)ばっかりだったと。 

 挿絵:かわさき えり
 こんなこともあるから、新年早々、嘘を言ったり、他人(ひと)をうらやんだりしちゃあなんねぇだ。

 どんとはらい。 

青森県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

江差の繁次郎「とんだ大漁」(えさしのしげじろう とんだたいりょう)

江差の繁次郎「とんだ大漁」(えさしのしげじろう とんだたいりょう)

北海道(ほっかいどう)の江差(えさし)といったら、春先にはニシン漁で夜も昼もないほど賑(にぎ)わったものだ。「ニシン群来(くき)」というて、ニシンが…

この昔話を聴く

雪のサンタマリヤ(ゆきのさんたまりや)

雪のサンタマリヤ(ゆきのさんたまりや)

むかし、むかし、ルソンちゅう国の貧乏な大工の子で、丸屋(まるや)ちゅう娘のおったゲナたい。そん丸屋は、こまか時からほんとに利口か娘でナン。「どうした…

この昔話を聴く

現在589話掲載中!