やくびょうがみとだちんづけ
『疫病神と駄賃づけ』

― 青森県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔々、あったず。
 あるどごにとても貧乏(びんぼう)でその日暮らしをしている駄賃(だちん)づけがあったず。
 あるどき、遠くへ行っての戻り道で乞食(ほいと)に行き合ったど。雪コァ降ってるし、あんまり見すぼらしいので、
 「お前(め)、どこさ行ぐどごでえ」
と聞いだど。乞食は、
 「お前の村の旦那様(だんなさま)のどごさ行くどごだ」
と言う。
 「そこだば、まだまだ遠ぇや。馬さ乗れ」
ど言ったら、
 「おれみたいなの、申しわげなくて、乗れねえ」
と言う。

疫病神と駄賃づけ挿絵:かわさき えり
 「おれぁ、人を乗せて馬ひいて歩くの慣れでるし、こたな雪コァ降ってあ、ゆるぐねえだ。おらほさ泊まって明日行ぐべし。乗れ」
ど言ったら、
 「へだら、そうすがな」
と言っで、馬さ乗って駄賃づけの家さ行ったど。家さ着いだら駄賃づけは、女房さ、
 「今日かせいだ駄賃で米コ買って来るへで、米コたいて出して、温(ぬく)めて泊めろ」
ど言ったど。

 朝になったけゃ、乞食ぁ、昨日の礼言って、
 「実はおれぁ、人でねぇ。疫病神(やくびょうがみ)だ。あそごの旦那様ぁ、銭貸したの無理矢理取ったりして、人情ねえ人だで、急の中気(ちゅうき)病みにして寝こましてやろうど思っで来たんだ。お前に、それを治すおまじない教えるがら、おれと一緒に行ぐべ。まじないは、

 〽 おんころころまどうげ
   あびらうんけんそわか

って、三回言えばええ」
と言ったど。
 駄賃づけと疫病神と二人して旦那様の家さ行ったど。
 そこさ着いたら疫病神、ぱっと見えなぐなったど。
 駄賃づけぁ、銭借りる振りして入って行ったら、そごの旦那ぁ、囲炉裏(いろり)の横座(よこざ)さ寝まっていだど。

 駄賃づけぁ、
 「すぐ年取りになるへで、なんぼが銭コ貸して下せぇ」
と言ったら、旦那ぁ、
 「貸へねえ」
と言った。駄賃づけぁ、
 「ありがとうがんす」
と言っで、帰って来たど。
 駄賃づけが帰ったあど、旦那ぁ熱ぁ出て、手はふるえる、声もふるえるで、大騒ぎになったど。医者を何人も頼んだども、一向に熱ぁ下らながったず。
 駄賃づけぁ、次の日もまた銭借りるふりして行ったけぁ、旦那様、見えながっだど。
 「旦那様、どっちゃ行ったえ」
と聞いたら、家の者が、
 「昨日がら急に熱ぁ出る、よだれは出る、からだぁふるえるで、医者様頼んでも治らねえで、寝でら」
と言っだど。

 そごで、
 「効ぐだかどうだが分からねえどもせぇ、おれぁ、まじねえ覚べえでら」
と言ってみだら、
 「へだら、まじなっでみで呉(け)ろ」
ど頼まれだど。そこで駄賃づけぁ、疫病神がら教わったまま、

 〽 おんころころまどうげ
   あびらうんけんそわか

ど、三回言ったけゃ、旦那の熱ぁ段々に下がって良ぐなったず。
 これが評判になって、皆してまじなってもらうようになっだど。
 駄賃づけはぁ、だんだんに良(え)え暮らしするようになったず。

  これ聞いで どっとぱれぇ。

疫病神と駄賃づけ挿絵:かわさき えり

青森県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

ネズミの彫りもの(ねずみのほりもの)

ネズミの彫りもの(ねずみのほりもの)

どんな時代、どこの町にも、一人や二人、必ず楽しい人物がいるものです。なまけ者であったり、おどけ者であったり。そのくせ、とっぴょうしもない智恵(ちえ)…

この昔話を聴く

小鮒の夢(こぶなのゆめ)

小鮒の夢(こぶなのゆめ)

昔、あったずもな。川の中にいた小鮒(こぶな)のせいしょう、ある晩夢みたずもな。四本柱立って、サラサラ雪降って、濁(にご)った川さドブンと落ちだ夢だっ…

この昔話を聴く

現在594話掲載中!