じぇんこがもっけになったはなし
『銭コがモッケになった話』

― 青森県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、津軽(つがる)のある村さ、そりゃあ、そりゃあ、ケチで欲(よく)たかりの金貸(か)しがいたど。
 ケチもケチも、この金貸しゃあ情(なさ)け容赦(ようしゃ)なく銭(じぇん)コば取りたてるもんで、
 「ありゃ、鬼(おに)だ」
 「あったら金貸しゃあ、早ぐくたばりゃいい」
って、村人も村人じゃねえ人もみんな言うていたど。

 その金貸しゃあ、欲たかりの上にまんず心配性(しんぱいしょう)であったから、ある晩(ばん)げ、カメの中にずっぱり貯(た)め込んだ銭コば見ていて、
 「火事(かじ)になったらどうするべ。泥棒(どろぼう)に入られたらどうするべ。はあてどうするべ。どっかにいい隠(かく)し場所、ねえがな」
って、あっちゃこっちゃ探し歩いたど。
 「あそこもだめ、ここもだめ」
って歩きまわって、裏(うら)の畑さ来たど、
 「んだ、ここがええ。ここだば火事になんね。ここだば泥棒も気がつかね」
って、銭コずっぱり入ったカメ、裏の畑掘(ほ)って埋(う)め込んだと。

 埋めるとき、金貸しゃあ、
 「こら、銭コや、もし誰か他の者(もん)がお前(め)ば見(め)っけだらモッケになれや、いいか、モッケになるんだどお。俺(おれ)のときは銭コでいろや、いいか、俺のときは銭コでいるんだどお」
って、何度も何度も言うたど。
 モッケというのはカエルのことだ。
 したっきゃ、ちょうどそのどき、お寺の和尚(おしょう)さま、外用事(そとようじ)で遅(おそ)くなって帰って来たどこで、金貸しん家(ち)のそばまで差しかかっていただ。しだら、小便(しょうべん)したくなって、
 「行儀(ぎょうぎ)が悪いけどしょうがねえべ。出るもの所嫌(ところきら)わずだ」
って、着物の前はだけながら道端(みちばた)の木さ寄(よ)り、
 「夜更(よさ)りだし、誰(だれ)も来ねべな」
って、首(くび)ばまわしてあたりうかがったら、間の悪(わる)いことにちょうど金貸しが何やらかかえて家を出て来た。

銭コがモッケになった話挿絵:かわさき えり
 「ありゃ、あれに見つかったらあとで何言われるか分かんね」
って、木の蔭(かげ)さ隠(かく)れた。そうして、金貸しのすることをすっかり見聞きしたと。
 和尚さま、おかしくってしょうがねえ。そのうち、
 「こりゃ、いいどこめっけだど」
って、急いでお寺へ帰って、池のモッケをたくさんつかまえたど。

 和尚さま、カメの中の銭コばみんな出し、かわりにモッケば入れて知らんふりしていたど。
 次の晩、欲たかりの金貸しゃあ、今日取りたててきた銭コを入れようとて、裏の畑のカメを掘り出した。にんまりしながら、
 「俺だや、俺だや」
ってささやいて、カメを開けて・・・びっくりした。
 モッケがピョンコピョンコ、なんぼでも湧(わ)いて出て来たど。
 金貸しゃあ、必死(ひっし)で、
 「俺だや、他人でねえ。モッケにならんでもいいがら、元の銭コになれ」
って叫(さけ)んだずども、モッケあ、あっちゃこっちゃピョンコピョンコ跳(と)んでいくずんだ。

銭コがモッケになった話挿絵:かわさき えり
 したら金貸しゃあ、泣きべそかいて、
 「こらあ、俺の銭コ、待じろーっ」
ってモッケのあとば追(ぼ)っかけで行ったど。

  とっちぱれ。

青森県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

蛙の恩返し(かえるのおんがえし)

蛙の恩返し(かえるのおんがえし)

ざっとむかし、あるところに一人の木地師(きじし)の男があった。木地師というのは、ロクロを使って、木でまるいお椀(わん)や丸いお盆(ぼん)などを作る特…

この昔話を聴く

一つ目狸(ひとつめだぬき)

一つ目狸(ひとつめだぬき)

むかし、むかし。和歌山県白浜町の富田川河口から大字袋を越えて行く途中の坂に、一匹の変わった狸がおったと。目ン玉が一つで、それを大きく見開いては人を驚かす狸であったと。

この昔話を聴く

現在614話掲載中!