しらみとのみのゆらい
『虱と蚤の由来』

― 青森県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、昔、ある山の中に一軒(いっけん)の家があったと。
 おっ母(かあ)と童(わらし)と二人、いてあったと。畑をちょっとと、お蚕(かいこ)さんをちょっと持っていたと。
 ある晩(ばん)げ、おっ母が繭玉(まゆだま)から糸を紡(つむ)ぎ、トンカラリンと機織(はたお)るべえと思うて、繭玉を煮(に)ていたら、山ざわめかして鬼婆(おにばんば)来たと。

 「おっ母、いたかぁ」
 「わーい、おっかねえなぁ」
 「いい匂(にお)いかいで遊びに来た。繭煮てるなぁ」
 おっ母、黙(だま)っていたら、鬼婆、
 「四、五桶(おけ)ぐれえ煮れえ、煮ねえなら、童食っちまうぞう」
と言うた。
 「繭、煮えたぁ」
と言うと、
 「そだら、ここさ持ってこぉい」
と言うて、ムシャムシャ食ったと。

 「明日の晩げは十桶(とおけ)ぐれえ煮とけぇ」
と言うて、鬼婆、山さ帰って行ったと。
 「おっかねかったぁ」
 おっ母、童かきいだいてしゃがみこんだと。
 
青森県民話【虱と蚤の由来】挿絵1挿絵:かわさき えり

 次の晩げ、おっ母、繭玉十桶煮ていたら、鬼婆、また山ざわめかして来たと。
 「おっ母、いたかぁ」
 「わーいおっかねえなあ」
 「いい匂いかいで遊びに来た。繭煮てるなぁ」
 おっ母、黙っていたら、鬼婆、
 「ここさ、持ってこぉい」
と言うて、桶抱(だ)いて、ムシャムシャ食ったと。
 「明日の晩げはドブロク一斗(いっと)も買っておけぇ」
と言うて、鬼婆、山さ帰って行ったと。
 「おっかねかったぁ」
 おっ母、童かきいだいてしゃがみこんだと。

 次の晩げ、鬼婆、また、山ざわめかして来たと。
 「おっ母、いたかぁ」
 「わーい、おっかねえなぁ」
 「いい匂いかいで遊びに来た。ドブロク買っておいたなぁ」
 「買っておいたぁ」
 「んだら、おっ母に布(ぬの)やるべぇ。なんぼ欲しい」
 「なんぼでもええ」
と、言うと、鬼婆、腹押(お)して、口から、一尋(ひとひろお)二尋と布を出し、十尋(とひろ)も出して、
 「おっ母、ドブロク、ここさ持ってこぉい」
と言うた。

 鬼婆、一斗樽(だる)かかえて、ドクリドクリ、ドクリドクリ飲んだと。
 飲んで飲んで、眠(ねむ)ってしまったと。
 おっ母と童、二人で鬼婆を長持(ながもち)に入れ、
 「ここさ寝てろぉ」
と言うて、湯を煮たてた。
 煮えたった湯を鬼婆にかけたら、鬼婆、
 「ちかちか、虫コ刺(さ)すじゃあ」
と、寝言を言うた。おっ母、
 「ちかちかしなくしてやるう」
と言うて、さらに湯をわかし、グワラン、グワラン煮たてて、ドウド、ダンバとかけたと。
 鬼婆、死んだと。

 おっ母、鬼婆を森の繁(しげ)みに運んで、
 「山の生きものさまに捧(ささ)げたてまつるう」
と言うて、切りきざんだと。
 風がざわぁっと吹(ふ)いて、骨のかけらが落ち、肉のかけらがとんだと。
 下に落ちた骨のかけらが虱(しらみ)になり、上にはねた肉のかけらが蚤(のみ)になった。だから虱は白くて、蚤は赤い。虱や蚤が人を食うのは、昔に鬼婆であったからなんだと。

  とっちぱれ。

青森県民話【虱と蚤の由来】挿絵2挿絵:かわさき えり

青森県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

田螺と烏の歌問答(たにしとからすのうたもんどう)

田螺と烏の歌問答(たにしとからすのうたもんどう)

むかし、むかし。あるよく晴れた日のこと。たんぼのあぜに田螺(たにし)がのこのことはいあがり、気持ちよさそうに日向(ひなた)ぼっこをしていたと。すると…

この昔話を聴く

銀杏狸(いちょうだぬき)

銀杏狸(いちょうだぬき)

四国の伊予市から宇和島へぬける郡中街道に、昔から目印になっている銀杏の木がある。その木には、銀杏狸ちゅう一族が住んでいて、枝に化けるのを専門にしておった。

この昔話を聴く

現在671話掲載中!