おにをわらわせたじさま
『鬼を笑わせた爺さま』

― 青森県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところにひとりの爺(じ)さまが住んでおったと。
 爺さまは、面白(おもしろ)い昔コ語(かた)っては、人を笑わせていたと。

 ところが爺さまも年も年とて、ある日、ころっと死んでしもうた。
 死んだ爺さま、極楽(ごくらく)へ行こうと、いくがいくがいくと三途(さんず)の河(かわ)があって、それを渡(わた)ったら鬼供(おにども)がいっぱい居(い)て、あれよあれよという間に、えんま大王様の前に連(つ)れられて行ったと。


 えんまさまは、帳面(ちょうめん)を見て、
 「お前は地獄(じごく)行き」
と告げたと。
 「な、なんで」
 爺さま、魂消(たまげ)て、もういっかい死ぬところだったと。
 「これ爺、お前、娑婆(しゃば)では何をしていた」
 「は、はい、おら、生きていたときは昔コが大好きで、面白(おもしろ)い昔コ作っては子供たちに語って喜(よろこ)ばしていたで、死んだら、てっきり極楽行きだと思って楽しみにしていましただ」
 「いやいや、作り話の嘘(うそ)ばかり子供に語ったので、まんず、地獄行きだ」
 「そ、そんでも、子供は喜んでいましたがのう。そんなこと言わねえで、どうか極楽さやってけせ」

 
鬼を笑わせた爺さま挿絵:かわさき えり
 


 「ずい分ねばる爺だ。うーむ、ようし、それでは、わしの側(そば)にいるこの鬼は、生まれてからこのかた、一ぺんも笑ったことが無い鬼だ。これを笑わせたら極楽にやってもよい」
 「そりゃ、まことですかのう。あとで『嘘じゃ』なんていわんじゃろなあ」
 「わしは人間を裁(さば)く役目だ。なんで嘘などつくものか」

 「そんなら、笑わん鬼のお前さん、ちいっとかがんで耳を貸(か)して下さらんかのう」
 爺さま、口を近づけて、小さな声で、
 「ライネン、ライネン、ライネン、
  なんやらかんやら、ゴニャラ、ゴニャラ、
  ライネン、ライネン、ライネン、」
と言うたと。

 
すると笑わん鬼が急におかしがって、身をよじって笑い転(ころ)げた。
 
鬼を笑わせた爺さま挿絵:かわさき えり


 それを見たえんまさま、
 「こりゃ、たまげた。これ爺、お前、あの鬼に何を言うた。なんで、あのように笑うとる」
 爺さま、にやっと笑って、
 「なあに、来年のこと言えば、鬼は笑うに決まっとる」
 爺さま、めでたく極楽に行ったと。
 
 どっとはれぇ。

青森県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

屁っぴり爺(へっぴりじい)

屁っぴり爺(へっぴりじい)

むがしあったぞん。あるところに善い爺ちゃと、婆ちゃといてあった。その隣にはひどく性骨の悪い爺と婆がいた。ある日、善い爺ちゃが山へ行って、ダンキダンキと柴を刈っていたら・・・

この昔話を聴く

化け物は雨だれ(ばけものはあまだれ)

化け物は雨だれ(ばけものはあまだれ)

昔があったと。あるところに臆病(おくびょう)な父(と)っつぁがおったと。おっかながりで、夜はひとりで小便(しょうべん)しにも行かれず、いつも、かかに…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!