ろっかくどうのたぬき
『六角堂の狸』

― 愛媛県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 狸(たぬき)のなかに「そばくい狸」というのがあるそうな。この狸はそばの実が黒く色づく頃になると、そば畑へ転がりこんで、体中にそばの実をつけ、穴(あな)へ帰ってから実をふるい落としてポリポリ食うという。
 松山(まつやま)の六角堂(ろっかくどう)の狸はそばくい狸だったのか、ようわからんが、これは狸がそばを食べに出た話ぞな。

 大正(たいしょう)の末ごろ、松山に夜な夜な、屋台(やたい)の車をひいて夜啼(よな)きそばを売って歩く渡部(わたなべ)さんという人がおった。
 ある年の春もまだあさいころ、ひとりのみすぼらしい爺(じい)さんが屋台ののれんをくぐって入ってきたげな。そして、
 「おっさん、そばを一杯(いっぱい)、ぬるうにしてんか」
と注文した。渡部のおっさんは、
 <おかしな人じゃ、熱うにしてくれとはよくいわれるが、ぬるうにしてくれとは珍(めずら)しいことだ>
と思ったが、はいはい、というて、ぬるいそばをわたしたそうな。

 すると、次の晩(ばん)もまた、六角堂のあたりまでくると爺さんがやってきて、
 「おっさん、そばを一杯、ぬるうにしてんか」
と、同じようにいう。おまけに食べ方がおかしい。どんぶり持って、むこうむきにしゃがんで、ピチャピチャと食いよる。
 
六角堂の狸挿絵:かわさき えり

 こんなことが続いたが、どうもその爺さんが来た晩にかぎって、勘定(かんじょう)が合わない。ときには財布(さいふ)の中に、柴(しば)の葉っぱがまぎれこんでいるときもある。これは怪(あや)しいと渡部のおっさんは思うたな。
 ようし、正体(しょうたい)見とどけてやる、とばかり待ちかまえていると、またやって来た。
 「ぬるうにしてんか」
 それ来たとばかり渡部のおっさんは、そばの棒(ぼう)をとりあげてなぐりつけた。すると爺さんは、ぐうっ、といったかと思うと、黒いまるいかたまりになって、逃げて行ってしもうたげな。

 それからしばらくは何のこともなかったが、今度は近くの薬屋(くすりや)へ、毎晩(まいばん)のようにおかしな爺さんが膏薬(こうやく)を買いにくる。すると、その日にかぎって勘定があわんという噂(うわさ)がたった。
 そんなこんなの噂がにぎやかなある朝、六角堂の和尚さんが、庫裡(くり)の下からうんうんいう声がするので、はてなと覗(のぞ)いてみて驚(おどろ)いた。毛の抜(ぬ)けた古狸(ふるだぬき)がうなっている。渡部のおっさんにたたかれた狸が、膏薬を買ってはりかえているうちに、毛が抜けてきたというわけだった。
 六角堂の狸の話じゃ。

六角堂の狸挿絵:かわさき えり

愛媛県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

爺と猿と猫と鼠(じいとさるとねことねずみ)

爺と猿と猫と鼠(じいとさるとねことねずみ)

むかしむかし、あるところに爺(じい)と婆(ばあ)が住んでおったと。二人は、婆が木綿(もめん)を機織(はたお)り、爺がそれを町へ売りに行って暮(く)ら…

この昔話を聴く

エビの腰が曲がった訳(えびのこしがまがったわけ)

エビの腰が曲がった訳(えびのこしがまがったわけ)

むかし、むかし。あるところに大きな鳥があって、「我(われ)こそが世界で一番大きい」と、自慢(じまん)しておった。ある日、この大鳥は、「おれさまほどの…

この昔話を聴く

現在663話掲載中!