さいごのうそ
『最後のうそ』

― 福井県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、とほうもない嘘つき爺がおったと。
 爺の若い頃、近所の人が嫁さんを世話しようとしたら、相手の娘っこに、
 「エ―あの人ぁ、そんなあ、うそでしょ、おらやんだぁ」
と言われたと。それからこっち、女房もなくずうっとひとりで暮らしておったと。
 あんまり嘘ばっかりつくので、村の人達もあきれて、だんだん相手にしなくなったと。
 だぁれも近づく者がいなくなると、嘘つき爺は、
 「嘘袋(うそぶくろ)がサビつきそうだ。あぁあ嘘つきてえなぁ」
と、毎日、ブッツンコブッツンコつぶやいておったと。

最後のうそ挿絵:かわさき えり
 あるとき、嘘つき爺が病気になって、とうとう死ぬばかりになったと。
 が、だぁれも見舞ってくれるものがない。
 そこで爺は、近所の衆や、親せきの者たちを集めて
 「おらは、まもなく死んでいくだ。皆の衆には世話になったで、小遣いをためた金が庭の柿の木の下さ埋めてあるのじゃ。それ、皆(みんな)で分けてくろ。それにしても、死ぬ前に熱い粥(かゆ)の一杯(いっぺエ)も食(く)いてえなぁ」
と言ったと。

 これを聞いた村の衆と親せきの衆は、
 「死ぬ際(きわ)まで、まさか嘘はこくめえ」
と、いろいろ介抱(かいほう)してやったと。
 嘘つき爺は熱い粥を腹いっぱい食べて死んでいったと。
 野辺送りもしてやってから、みんなは庭の柿の木の下を掘ったと。そしたら爺の言葉通りに小さい箱が出てきたと。
 「ちょっくら開(あ)けてみなんし」
 みんなは、ワクワクしてそのふたを取ってのぞきこんだと。
 そしたら、何とまあ呆れたことか

 ――うそのつきじめえ――

 と書いた紙切れが入れてあったと。

 そうらいべったり貝の糞
 かち栗数えてへんころへんころ

最後のうそ挿絵:かわさき えり
 

福井県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

ぼんぼんザメ(ぼんぼんざめ)

ぼんぼんザメ(ぼんぼんざめ)

むかし。相模湾の三ツ石の沖にサメの夫婦が住んでおったと。夫婦は、ここへ漁師の舟が来ると追い返しては、子ザメを守っておったと。「三ツ石へ行くでねぇ。主のサメにおそわれるぞ」と、漁師たちは、この沖を地獄のように恐れて近寄らなかったと。

この昔話を聴く

三つ目小僧(みつめこぞう)

三つ目小僧(みつめこぞう)

昔、大阪の町に、ひょんな見世物(みせもの)を見せて歩く親方がいよったと。ろくろ首の女とか、腰(こし)から下が魚の人形など、いいかげんにこしらえて本物…

この昔話を聴く

現在619話掲載中!