いのししのすもう
『猪の相撲』

― 福岡県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 お前(ま)んさぁ、知っとられますかいのう。
 月夜の晩にゃぁ、猪(いのしし)が山ん中で相撲(すもう)ば取っちょるっちゅうのを。
 ん、知らんか、そうか、なら、もうじき十五夜(じゅうごや)やけん、そん話ばしまっしょうかい。

 むかしむかしのこと。
 ある山ん中に、兎と猿と、狐に狸、熊やら猪やら、いっぱい住んどったげな。
 ある時、みんな集まって相談ばしたげな。
 「あすん晩は十五夜やけん、めいめいが面白かことばして、お月さんに見せることにしよう」
と決まったげな。 

 挿絵:かわさき えり
 
 十五夜になると、兎が、
 「月見の餅(もち)つきばして見せまっしょう」
と言うて、ペッタン、ペッタン、餅ばついてお月さんに見せたげな。 

 次には狸が、
 「おれが腹つづみは、すごかぞ」
と言うて、ポンポコ、ポンポコ、腹ば突き出して打ちよったげな。
 そん次には猿が、
 「わが得意は、木登りたい」
と言うて、スルスル木に登って、隣(となり)の木の枝から枝へ、ヒョインコ、ヒョインコ飛んで渡りよったげな。
 熊も狐も、みんな何かしらして見せよったが、猪だけが何も出来んじゃった。
 「あたきゃあ、なんもでけん」
と言うもんじゃけん、けものたちは、みんな、猪ば馬鹿にするごつなった。猪はしょげよったげな。しおら、しおら我が家に帰ると、弟(おとうと)猪が、
 「どげした」 

 ちうて、訳(わけ)ば聞いたげな。兄(あに)猪は訳をば話ござった。そしたら、弟猪は一時(いっとき)考えとったが、よかことば気のついて、
 「猪は、ほかになんも出きんけん、せめて相撲なっと見せまっしょう」
と言うた。
 兄猪と弟猪は山ん上さ登って、一生けん命相撲ばとったげな。
 弟猪が突っかけると、兄猪がガチンと頭で受けて、横へプイと振りよった。そしたら弟猪が土俵(どひょう)ぎわまで突っ張っていって、土俵を割るまいと、バタバタしやったげな。
 そんな不器用な様(さま)がおかしい言うて、お月さんが笑わっしゃったけん、他の者(もん)もたまがって、みんな猪の相撲ば見に寄ってきたげな。 

 そこで、お月さんが言わっしゃるのに、
 「わがことば自慢して、他人(ひと)んこつば笑(わら)うことはならん。猪が一番よか」
と言わっしゃったげな。
 これで月夜に山ん中で猪が相撲ばとっちょる訳が、わかっつろう。

 それぎんのとん。 

 挿絵:かわさき えり
 

福岡県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

鬼と山芋(おにとやまいも)

鬼と山芋(おにとやまいも)

むかし、あったとさ。上州(じょうしゅう)、今の群馬県の白根山(しらねさん)に、それはそれはおっそろしい鬼(おに)が住んでおった。その鬼は腹が空(す)…

この昔話を聴く

住持の夜遊び(じゅうじのよあそび)

住持の夜遊び(じゅうじのよあそび)

昔、ある山寺に住持と小僧さんとが住んであったと。お坊さんは、昔は女房を持つことが出来んかったので、里(さと)に、こっそりと女房をこしらえる人が多かっ…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!