いちやのなたね
『一夜の菜種』

― 福岡県遠賀町 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、筑前(ちくぜん)の国、今の福岡県遠賀(おんが)村の話。
 あるときのこつ、嵐が来よって、大雨が滝(たき)のように降りよったげな。ごんごん降って一向におとろえん。
 「それ遠賀川に水が来よるぞ」
 「きつい荒れじゃ、川の堤(つつみ)がくずれるぞ」
 村じゅうが騒ぎになった。男たちは土手に駆けつけ、女、子供、年寄りたちは広渡(ひろわたり)にある氏神(うじがみ)さんの八剣(やつるぎ)神社に集まって、一晩じゅうお祈りしておったと。

 ※福岡県遠賀村…現在の福岡県遠賀町 

 すると次の朝はけろっとした天気になったげな。
 「ありがたや、氏神さんのおかげたい」
 それでもまだ気はゆるせん。洪水(こうずい)は降っとるとき出るとは限らん。降り終わってから山々の水を集めて水かさを増し、どっと堤を切ることもある。堤が切れたらもう、田も畑も水浸したい。
 村の人たちはじっと川の水をにらんでおったげな。川水は濁(にご)り、泡だって恐ろしいようじゃった。
 すると、川上から何やら長いもんが浮きつ沈みつ流れてきよる。それも一つや二つでない。
 「ありゃぁ、なんじゃい」
 ちゅうて見ておると、ぶつかりあいながら来るのは檜(ひのき)の丸太やった。 

 「こら、太か丸太たい。拾え拾え」
 「そうとも、このままではそこらの堤にぶつかって、堤切るぞ。そうなったらおおごとじゃい」
 村の人たちは、流れてくる丸太にとび口ばひっかけ、必死になって岸へ引きあげたげな。中には怪我(けが)する者もおって、戦場のごと、騒ぎじゃった。

挿絵:かわさき えり

 引きあげた丸太を積みあげ、村の人はやっと息をついた。
 「こら、みごとな檜たい」
 「氏神さんのお社(やしろ)建てるのに使いよったらええがの」
 「そらええ考えや」
 「氏神さんからの授かりもんかもしれん」
 八剣神社はすっかり痛んで、わらじでも作って金集めて建て直さねばと、常々相談しとったところだったから、皆々、すっかり喜んだ。
 ところが何日かすると、下二(しもふた)の里の方から知らせが来た。
 「この間の嵐で檜の丸太が流れよったが、拾うた者はおらんか、お役人さまが詮議(せんぎ)なさるちゅうぞ」
 村の人たちはがっかりして、顔を見合わせた。
 「ええ思案がある。この丸太を田んぼに埋めてしまおう」
 誰かがこう言うと「ようし」ちゅうて、皆して田んぼを深く掘り、檜の丸太を全部いけこんでしもた。その上に菜種(なたね)をバラバラまいたげな。 

 次の日、役人がやって来た。
 目ば光らしよって、村じゅうくまなく調べる風だ。
 村人たちは皆々心の中で、氏神さん氏神さん、お助け下はりまっせ、と祈ったげな。
 村長(むらおさ)がお役人を案内して、いよいよ丸太を埋めた田んぼの方へ行く。
 村人全員の注意がそっちへ向いた。向いてたまげた。
 なんと、田んぼの上には、昨日まいた菜種が一夜にして芽を出し、茎(くき)ものび、葉も繁(しげ)らして、黄色い花を一面に咲かせちょった。
 「あっ、花まで咲いちょる、ありがたか。氏神さんのお力たい」
 村人たちは心の中で、手ば合わせたげな。
 「ほう、これはみごとな菜種畑だの」
 役人は菜の花を誉(ほ)めただけで、何も見つけんで帰ったと。
 八剣神社は、みごとに建て直されたそうな。

 それぎんのとん。 

 挿絵:かわさき えり
 

福岡県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

鬼が怖がる名前(おにがこわがるなまえ)

鬼が怖がる名前(おにがこわがるなまえ)

昔昔、あるところに正直爺と欲爺が隣あって暮らしていたと。あるとき、正直爺が山へ茸(きのこ)狩りに行ったら、いつの間にか奥山へ分け入っていて、はや日が暮れかかっていたと。

この昔話を聴く

屁ったれ爺(へったれじい)

屁ったれ爺(へったれじい)

昔、あるところに爺さまと婆さまといてあったと。ある天気のよい日に、婆さま、麦干(ほ)していたら、そこへ雁(がん)が飛んできて下りたと。爺さま、ソバ餅…

この昔話を聴く

現在589話掲載中!