おやすてやま
『親捨山』

― 福島県 ―
再話 大島 廣志
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。
 ある国にとても厳(きび)しいきまりがあったと。
 六十歳(さい)になった年寄(としよ)りは、山へ捨(す)てに行かなければならないのだと。
 その国のある村に、ひとりの親孝行(おやこうこう)な息子(むすこ)がおった。母親が六十歳になったと。

 息子は母親を山へ捨てに行くのが、せつなくてせつなくてたまらん。一日延(の)ばしにしていたが、いつまでも日延(ひの)べできるわけでもなく、仕方(しかた)なく母親を背負(おぶ)ってとぼらとぼら山を登(のぼ)って行ったと。

 そうしたら、母親はどういう訳(わけ)か、背中(せなか)の上から手をのばして道々(みちみち)の枝(えだ)を、ポキッ、ポキッと折(お)っている。
 
親捨山挿絵:かわさき えり

 やがて、奥山(おくやま)の高い崖(がけ)の上へたとり着(つ)いた。息子は母親を背中からおろし、
 「おっかさん、すまねえ、許(ゆる)してくろ」
と、泣(な)きながら言うと、母親はちょっとも悲(かな)しそうな顔(かお)をせずに、
 「よい、よい。お前は暗(くら)くならんうちに早く山さ降りろ。道々、途中(とちゅう)の木の枝を折っておいたから、それを目印(めじるし)にして行けば迷(まよ)わずに家に帰れるぞい」
と言うた。
 息子はその言葉(ことば)を聞いて、
 <そうか、道々木の枝を折っていたのは俺の帰りを心配(しんぱい)してのことだったか。こんなときでも子供(こども)のことを心配してくれる親を、山になんか捨てらんね>
と決心(けっしん)したと。

 息子は、また母親を背負って山を下り、家に戻(もど)った。
 そして、誰(だれ)にも気付(きづ)かれんように、家の床下(ゆかした)に部屋(へや)をこしらえ、母親を隠(か)くまった。
 
 それからしばらくたったある日のこと、村々に殿様(とのさま)からのおふれが届(とど)いた。
 「玉(たま)の中のまがりくねった細(ほそ)い穴(あな)に糸(いと)を通(とお)せたら褒美(ほうび)をとらす」
と言うおふれだ。
 国中の人々が懸命(けんめい)になって考(かんが)えたが、誰も玉の中のまがりくねった細い穴に糸を通せる者はおらんかった。
 息子は、床下にいる母親にこっそり聞いてみた。そしたら母親は、
 「そんなことは容易(たやす)いことだ。片方(かたほう)の穴に砂糖(さとう)を置(お)き、もう片方の穴から糸を結(むす)び付(つ)けた蟻(あり)を入れればよい」
と言うた。

 息子は早速(さっそく)お城(しろ)に行き、殿様の前で母親に教(おそ)わったとおりのことをすると、簡単(かんたん)に玉の中のまがりくねった細い穴に糸を通すことが出来たと。
 殿様はいたく感心(かんしん)して、
 「みごと、みごと。
  これ、若者(わかもの)。どうしてこうすればよいとわかったのじゃ」
と尋(たず)ねた。息子は、
 「これは母親から教わりました。実は、俺の母親六十歳になりましたが、どうしても山に捨てられず、こっそり家の床下に部屋をこしらえて、そこに隠まっていたのです」
と言うた。

 殿様は、やっと年寄りの知恵(ちえ)のすばらしさに気がつき、それからというもの、六十歳になった年寄りを山に捨てなくともよいことになったんだと。

  ざっとむかしさけえた。
親捨山挿絵:かわさき えり

福島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

聞き違い 金は天子様(ききちがい かねはてんしさま)

聞き違い 金は天子様(ききちがい かねはてんしさま)

昔、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんが暮らしておったそうな。婆さんは耳が遠かったと。二人はよく働いてつつましく暮らしたのでだんだん金が貯(…

この昔話を聴く

月・日・雷の旅立ち(つき、ひ、かみなりのたびだち)

月・日・雷の旅立ち(つき、ひ、かみなりのたびだち)

むかし、むかし、大むかし。お日さまとお月さまと雷さまが、三人そろって旅に出かけた。ところが、雷さまは生まれつき気があらいもんだから、行くところ行くと…

この昔話を聴く

現在674話掲載中!