きんかいとといし
『金塊と砥石』

― 岐阜県大野郡 ―
語り 井上 瑤
再話 江馬 美枝子
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。ある村に少しおめでたい息子がおったと。
 息子の家は、砥石(といし)を山から切り出して商(あきな)っていたと。
 息子は家の手伝いはおろか、何の仕事もせず毎日ただぶらぶら遊んでばかりいたと。
 ある日、村から幾(いく)つも峠(とうげ)を越した奥山(おくやま)の金山(きんざん)から、親方が砥石を買いに来た。息子がぶらぶら遊んでいるのをみて、
 「おりの山へ働きにこんかな」
とすすめた。息子は気がすすまなかったが、両親は大喜びだ。
 「まちょう(真面目)に働かな、だちかんぞ」 

 挿絵:かわさき えり
 こう言いふくめて、金山の親方と一緒に送り出したと。
 親方のあとから、息子は金山で使う砥石を背負ってついて行く。が、荷物など背負ったこともないので、初めの峠へかかる頃になると、くたびれた。峠の辻(つじ)で勝手(かって)に休んだと。

 すると向こうから、鶏盗人(とりぬすっと)が鶏(にわとり)を袋に入れてやってきた。 

 「やあ、お前は何をかついどる」
 「砥石だ」
 「どうじゃな、卵をよう生む鶏じゃが、わりの砥石と取り替えんかな」
 息子は、鶏の袋の方が軽いので、喜んで取り替えた。
 そうして、いくがいくがいって、次の峠へかかる頃になると、くたびれた。
 またひと休みしたと。

 すると向こうから、牛盗人(うしぬすっと)が牛をひいてやってきた。
 「やあ、お前の鶏とこの牛とを取り替えんかな。牛の方が大きいだけ得じゃろ」
 牛盗人は、牛を盗んだものの、牛があまりにものんびり歩くので追ってが迫(せま)って来ないか、びくびくしていた。
 牛なら背負わなくていい。大助かりだ。取り替えたと。 

 そうして、いくがいくがいって、終(しま)いの峠へかかる頃になると、くたびれた。
 またひと休みしたと。

 すると向こうから、金盗人(きんぬすっと)が金(きん)の塊(かたま)りを袋に入れて、かついでやってきた。
 息子は、その袋を見て、初めに背負わされた袋を思い出した。もうじき親方の金山だ。
 今度は息子の方から声をかけた。
 「やあ、お前の包みと、おりの牛とを取り替えんかな」
 金盗人は、親方のところから金の塊りを盗んだものの、さっき親方とすれちがったものだから気が気でない。どうも追手が来そうなので、牛と取り替えて峠を下って行った。
 息子はようやく親方の小屋に着いた。そして親方に包みを渡したら、砥石が金の塊りになっていたので、親方は目を白黒(しろくろ)している。
 

 息子が訳けを話したら、
 「いや、なかなかどうして、たわけどころか、利口者(りこうもの)じゃわい」
と、ほめてくれたと。
 息子は誉(ほ)められたのが嬉しくて、金山で五年働いたと。

 それから家に帰ることになり、親方は給金(きゅうきん)として、金の塊りを息子に持たせた。重かったと。
 息子が初めの峠にかかると、牛をひいた百姓(ひゃくしょう)に出会った。
 「おやっさま、おりの金の塊りと、その牛とを取り替えんかな」
 百姓は大喜びで取り替えると、一目散(いちもくさん)に行ってしまった。
 次の峠にかかると鶏商人(とりあきんど)に出会った。息子は牛と鶏とを取り替えてもらったと。 

 終いの峠にかかったら、金山の買い出し人が袋をかついで来たのに出会った。
 買い出し人は腹がへっていたので、鶏と袋のひとつとを取り替えてくれた。
 息子は、やっと家に帰りついたと。
 親方からの手紙を父親に見せたら、手紙には給金として金の塊りを持たせたことを書いてあった。
 大喜びした父親が、早速包みを開いて、目を白黒した。

挿絵:かわさき えり
 

 「こりゃ、また、どうしたことじゃ。家(うち)の山の砥石でないかよ。金塊はどうした」
 息子は得意顔でこういうた。
 「金山へ行くとき、次々(つぎつぎ)取り替えて親方に誉められたぞ。帰りも次々取り替えてきた」

 しゃみしゃっきり。 

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

幽霊の願い(ゆうれいのねがい)

幽霊の願い(ゆうれいのねがい)

むかし、越後の国、今の新潟県に源右ヱ門という侍がおったそうな。度胸はあるし、情けもあるしで、まことの豪傑といわれたお人であったと。あるときのこと、幽霊が墓場に出るという噂が源右ヱ門に聞こえた。

この昔話を聴く

江差の繁次郎「とんだ大漁」(えさしのしげじろう とんだたいりょう)

江差の繁次郎「とんだ大漁」(えさしのしげじろう とんだたいりょう)

北海道(ほっかいどう)の江差(えさし)といったら、春先にはニシン漁で夜も昼もないほど賑(にぎ)わったものだ。「ニシン群来(くき)」というて、ニシンが…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!