はのないきとはのあるき
『葉のない木と葉のある木』

― 岐阜県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしあったと。
 ある日の暮れ方、雀(すずめ)と烏(からす)が林に行って、楢(なら)の木に一夜のお宿を頼んだと。そしたら楢の木は、
 「お前達みたいな者に宿なんかかせん」
というた。烏が、
 「そりゃまぁ、困ったこっちゃ」
というたら、神様が来て、
 「鳥と木は助け合うて生ないかん。ひと宿ぐらい貸してやれ」
というた。そしたら楢の木は、
 「木のなかにも格ちゅうもんがある。なんぼ神様がなかに入られても、雀と烏ではお宿が違います。他の鳥さんへのしめしがつきません」
というた。
 「もちいっと、心易(こころやす)うは出来んか」 

 挿絵:かわさき えり
 「出来ません」
 「そんなら仕方がない。そんなら今日以降、お前達には、冬は葉のないようにしてくれる。それでもいいか」
 「ああ、それでもええ」
 「あい、わかった。お前達、冬には着るものとてない身すぼらしい姿をさらすがよい。
 これ、雀と烏。わしと一緒に他をあたろうか」
 「はい」「はい」
 ちゅうて、他へ飛んで行ったと。 

 杉やら松やら檜(ひのき)のところへ行き、雀と烏が
 「日も暮れかけたんで、一夜の宿を貸してもらえんか」
と頼んだ。そしたら檜も杉も松も、
 「宿は難しい」
というた。神様が、
 「鳥と木は助け合うて生ないかん。ひと宿くらい貸してやれ」
というた。そしたら檜と杉と松は、
 「はい、神様がそれほどに言わるるのなら」
 「おう、そうか、お前達はええ心根(こころね)じゃ。今日以降どんなときでも年中葉のあるようにしてくれる。 これ雀と烏、今夜の宿は決まった。これでわしは帰るぞ」
 「はい」「はい」
 雀と烏のうれしそうな返事を聞いて、神様は帰っていったと。

 それで、今でも楢の木は冬には葉がない。 

 檜や杉や松たちは冬でも葉が青々とあり、また、ぬくとい家が作れる木になったんだと。

 しゃみしゃっきり、なたづかぽっきり。

挿絵:かわさき えり
 
 

岐阜県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

十伝どんと日見の狐(じゅうでんどんとひみのきつね)

十伝どんと日見の狐(じゅうでんどんとひみのきつね)

むかし、長崎県の山田というところに、十伝どんという男がおったと。その頃、やっぱり長崎の日見の峠に、いたずらな狐が棲んでいて、ときどき人をだましていた…

この昔話を聴く

ばくち打ちと天狗(ばくちうちとてんぐ)

ばくち打ちと天狗(ばくちうちとてんぐ)

昔あった話やんけ、あるところにの、一人息子でばくち好きな男がおったんて。おやじからもろた銭もみなばくちに取られてしもて、一文無しになってよ、ふてくさ…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!