あまがえるのおやふこう
『雨蛙の親不孝』

― 岐阜県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし。
 あるところに雨蛙(あまがえる)の親子がおった。
 親蛙(おやがえる)は子蛙(こがえる)を大事に育てたが、子蛙はちっとも親蛙の言うことを聞かん。
 親蛙が、暑い日に、
 「今日は暑いなあ」
といえば、子蛙は、
 「今日は寒いなあ」
といい、
 「山へ行け」
というと、
 「川へ行く」
というて、なんでもかんでも親蛙の言う事の反対ばかりをしておった。 

 挿絵:かわさき えり
 親蛙は重い病気にかかってしもうた。
 いよいよ死にそうになったときに、親蛙は、
 <死んだら山にうめてもらいたいが、今までいくら言うても反対のことばかりする子だから『山にうめてくれ』と言うと、川のそばにうめるだろう。だから『川のそばにうめてくれ』と言えば、きっと山にうめるに違いない>
 と考えた。 

 そして子蛙を枕元(まくらもと)に呼んで、
 「おれが死んだら、川のそばにうめて、墓をたててくれ」
と言うと、子蛙も、やっと目がさめて、
 <ああ、おれは、今までなんでもかんでも親の言う事の反対ばかりをしてきて申し分けなかった。親が死ぬときに『川のそばにうめてくれ』と言うたから、せめてひとつぐらい言う通りにしよう>
 と思うて、泣きながら、親蛙を川のそばにうめて、墓をたてた。
 ところが、川のそばだから、雨が降ると大水が出て、親蛙の墓が流されそうになる。
 それで雨蛙は、今でも雨の前になると、
 「親が流れる。親が流れる」
というて、ギャッ、ギャッ、ギャッ、ギャッと鳴いているんだと。

 だから"雨蛙が鳴くと雨が降(ふ)る"というんだよ。

 いきがさけた。なべのしたガリガリ。 

 挿絵:かわさき えり


 

岐阜県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

山姥報恩(やまんばほうおん)

山姥報恩(やまんばほうおん)

昔、あるところに、ちゅうごく忠兵衛(ちゅうべえ)さんという人があった。なかなかの善人(ぜんにん)だったと。ある冬のこと。その日は朝から雪が降って、山も畑も道も家もまっ白の銀世界だと。寒うて寒うて、だあれも外に出ようとせんかったと。

この昔話を聴く

蛙女房(かえるにょうぼう)

蛙女房(かえるにょうぼう)

昔、あったてんがな。あるところに父(とっつあ)と嬶(かっか)があった。あるとき父が沼のほとりを歩いていたら、道端(みちばた)で一匹の蛙(かえる)が蛇…

この昔話を聴く

現在628話掲載中!