さるのよめ
『猿の嫁』

― 岐阜県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしあったと。
 あるところに、爺(じ)さまと三人の娘がおった。爺さまは毎日毎日、山の畑を耕していた。あるとき、あんまりくたびれて、せつないから、
 「だれか、この畑耕(たがや)してくれたら、娘三人おるから一人やるのになぁ」
と、一人言(ひとりごと)をいった。そしたら、山の猿(さる)がやってきて、
 「爺さま、爺さま、娘一人くれるなら、おれがやる」
といって、あっという間に、山の畑を耕してしまった。

猿の嫁挿絵:かわさき えり
 さあ、爺さまは困った。家に帰っても心配でたまらん。とうとう寝込んでしまった。朝になっても起きられん。そしたら、一番目の娘がやってきて、
 「爺さま、爺さま、早く起きて御飯(ごはん)食べまいか」
といった。爺さまは、
 「実はなぁ、山の猿が畑を耕してくれたんで、娘一人嫁(よめ)にやる約束をしてしまったが、お前、猿のところへ嫁に行ってくれないか」
というと、

 「だれが猿のところへなんか嫁に行くか」
 一番目の娘は枕を蹴(け)飛ばして行ってしまった。
 今度は二番目の娘がきて、
 「爺さま、爺さま、早く起きて御飯食べまいか」
といった。爺さまはまた、
 「実はなぁ、山の猿が畑を耕してくれたんで、娘一人嫁にやる約束をしてしまったが、お前、猿のところへ嫁に行ってくれないか」
というと、二番目の娘も、
 「だれが猿のところへなんか嫁に行くか」
 やっぱし、枕を蹴飛ばして行ってしまった。
 次に三番目の娘が来て、
 「爺さま、爺さま、早く起きて御飯たべまいか」
といった。爺さまは、だめだろうと思いながら、
 「実はなぁ、山の猿が畑を耕してくれたんで、娘一人嫁にやる約束をしてしまったが、お前、猿のところへ嫁に行ってくれないか」

というと、三番目の娘は、
 「そうか、そうか、あたしが猿のところへ嫁に行くから、爺さまは心配せんで御飯食べれ」
 爺さまは喜んで喜んで、御飯を腹いっぺぇ食った。

 そしたら、娘が、
 「嫁に行くのに、臼(うす)をくれ」
というので、爺さまは、さっそく臼を持ってきた。そこへ猿が娘を迎えにやってきた。猿は嬉しくてたまらんもんだから、嫁入り道具の臼を背負(せお)うと、娘をつれて、チャッチャ、チャッチャと歩いて行った。
 山に入ると、谷川のところに、きれいな桜が咲いている。娘が、
 「あの桜、一枝ほしいなぁ」
というと、猿は、
 「ここで待ってろやー」
といって、サッサと木に登った。

 「これか」
 「もっと上」
 「これかー」
 「もっと上ー」
 「これかー」
 「もっと上ー」
と、だんだん木の先の方へ登ったら、桜の枝がポキッと折れて、猿は川に落ちて、流れて行ってしまった。それを見ていた娘は、

 〽 猿、猿、下になぁれ
    臼、臼、上になぁれ

 といった。
 娘は家に帰って、幸せに暮らしたと。

 しゃみ、しゃっきり。

猿の嫁挿絵:かわさき えり

岐阜県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

河童徳利(かっぱどっくり)

河童徳利(かっぱどっくり)

むかしむかし、相模の国(さがみのくに)、今の神奈川県(かながわけん)茅ケ崎市(ちがさきし)の西久保(にしくぼ)というところに、五郎兵衛爺(ごろべえじ…

この昔話を聴く

兎と亀とフクロウ(うさぎとかめとふくろう)

兎と亀とフクロウ(うさぎとかめとふくろう)

むかし、むかしの大昔。ある山に兎と亀とフクロウが仲良う暮らしていたんやと。ある日のこと、兎が亀にこう言うんや。「亀やんよう、昔、昔のことに、わしのご…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!