ぶんぶくちゃがま
『文福茶釜』

― 群馬県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに爺さと婆さとふたりおって、貧乏暮らしをしとったと。
 あるとき、婆さが、
 「爺さんや、今日は少しぬくいから買物に行ってくれませんかのう」
と頼んだので、爺さは町へ買物にいったと。
 ところがお金をほんの少ししか持っていないのでたいした買物は出来んかったと。
 で、帰りにとぼら、とぼら林の中を通り抜けておると狸(たぬき)に出合ったと。
 「じいさん、じいさん、えらいしょぼくれとるなあ」
 「しょぼくれたくもなるわい。これから寒うなるっちゅうに金は無いし、困ったことじゃ」

文福茶釜挿絵:かわさき えり
 「ふんなら、おらが茶釜(ちゃがま)に化けてあげる、そいつをお寺の和尚(おしょう)さんに売りつけるといい」
 「ほお? そんなことが出けるんか」
 「出来るとも、三両には売れるさ」
 「ほうか、ほうか、そんならお願ぇするか」
 爺さと狸はお寺の前(まえ)までやって来た。
 すると狸は、くるっとひっくり返って、いい茶釜に化けたと。どこから見ても立派なもんだ。
 爺さは、そいつを風呂敷(ふろしき)に包んでお寺へ入って行った。

 「和尚さん、和尚さん、珍しいもんを手に入れましたんで持って来ました。金(きん)の茶釜でごぜえますだが、買(こ)おてもらえんじゃろか」
 和尚さんは手にとってながめまわし、指ではじいてみた。
 「いい鳴音(なりね)じゃぁ、これは大(たい)したもんじゃ、もろうとく、いくらじゃな」
 「へぇ三両では」
 和尚さんは、値うち物じゃぁ仕方なかろうと三両で買ってくれたと。
 「小僧や、小僧や、今晩はこの茶釜で茶をわかして飲むとしょう。よく磨(みが)いておきなさい」
 「へぇ」
 小僧は、いいつけどおりに、井戸端でゴシゴシたわしでこすっておったら、なんと茶釜がものを言ったと。
 「いてててててて。これ小僧や、そろそろ洗え。尻がはげる」

 小僧はびっくりして、和尚さんのところへとんで行った。
 「和尚さまぁ、茶釜がものを言ったぁ、『そろそろ洗え』って言ったぁ」
 「そうか、いい茶釜だからな、音が響いてそう聞こえるんじゃ。磨くのはもうそれくらいにして湯をわかせ」
 「へぇ」
 小僧が水を入れて釜どに掛け、火をたきつけると、
 「あちちちちい、これ小僧や、熱(あつ)いいからちょろちょろたけ」
 小僧はまたまたびっくりして、和尚さんのところへとんでいった。

 「和尚さまぁ、こんどは『熱いから、ちょろちょろたけ』って言ったぁ」
 「そうか、値うちもんだからな、チンチンって音がそう聞こえるんじゃ。そろそろ湯を汲(く)むがいい」
 「へぇ」
 小僧が釜どへ戻ってみれば、茶釜から、みるみるうちに、足が出る、手が出る、尻尾がはえる。
 「和尚さまぁ、大変だぁ」
と呼んどるうちに本当(ほんと)の狸になって、ギャンギャン鳴いて、山へとんで逃げていったと。

 いちが ぽんとさけた。

文福茶釜挿絵:かわさき えり

群馬県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

ねずみ経(ねずみきょう)

ねずみ経(ねずみきょう)

むかし、あるところに婆サが住んでおった。ある晩、旅の坊ンさんが道に迷ってたずねてきた。婆サは一人住まいで寂(さび)しかったものだから、喜んで、「はい…

この昔話を聴く

猫絵十兵衛(ねこえじゅうべえ)

猫絵十兵衛(ねこえじゅうべえ)

むかし、あるところに猫絵十兵衛(ねこえじゅうべえ)という飴(あめ)売りがおったそうな。十兵衛は猫の絵を書くのが大層うまくて、画かれた絵の猫は、どれも…

この昔話を聴く

現在599話掲載中!