じょうしゅうのでーらんぼう
『上州のデーラン坊』

― 群馬県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、昔、大昔、そのまた昔があったと。
 上州の信州境(ざかい)に、デーラン坊という大男がおったと。
 どんなに大きい男かというと、上州の妙義山(みょうぎさん)から、信州の浅間山(あさまやま)までひとまたぎするほどの大男だったと。
 それだけに食事の仕方がものすごい。
 いつも浅間山の噴火口(ふんかこう)に大鍋をかけて、木でも草でも片っぱしからひっこ抜いてはぶち込み、その音で驚いて逃げ出す兎(うさぎ)や猪(いのしし)や熊(くま)なんぞを、これまた片っぱしからつまんでは鍋にほうり込んで、グッツグッツ煮て食べるんだと。箸(はし)は枝をはらった杉の木二本、指の間にはさんだっちゅうぞ。 

 挿絵:かわさき えり
 腹いっぱいになると、妙義山のそばの荒船山を枕にして、足の裏を浅間山の噴火口であぶりながらいい気持で寝るんだと。
 ところが、このいびきの音がまたなんと、大雷が空いっぱい絶えず暴れまわっているようで、上州と信州の百姓はすこしも眠れん。
 朝になって、デーラン坊が起きがけにひとつくしゃみをすると、上州の百姓家が千戸も万戸もいっぺんに空へ舞い上ったっちゅうぞ。
 

 あるとき、このデーラン坊が、
 「むううん」
と、寝返りを打ったから大変。浅間山の噴火口にかけておいた大鍋をけとばしてしまった。
 とたんに、ぐわぁっと恐ろしい音がして、上州も信州も一面に灰かぐら。浅間山の灰が何メ―トルもふたつの国に積もったのは、このときだそうな。
 おまけに鍋の中の汁と中味が恐ろしい勢いで信州側(がわ)へこぼれてしまった。このために信州側では草も木もすっかり枯れてしまって、何百年も生えなかったと。
 今、信州の塩つぼ温泉などが塩っぱいのは、このときの汁が土にしみこんで、今もって出てくるからだそうな。

 これっきり。 

 挿絵:かわさき えり

 

群馬県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

あまんじゃくの星取り石(あまんじゃくのほしとりいし)

あまんじゃくの星取り石(あまんじゃくのほしとりいし)

むかし、むかし。美作の国(みまさかのくに)、今の岡山県(おかやまけん)の山ん中に、あまんじゃくという、いたずらな子鬼(こおに)が棲(す)んでおったと。

この昔話を聴く

ホトトギスの兄弟(ほととぎすのきょうだい)

ホトトギスの兄弟(ほととぎすのきょうだい)

とんとむかし。あるところに、兄と弟が住んでおった。あるとき、兄は病気になって、ちっとも働けんようになってしまった。それで、弟は、 「あんちゃんの分まで、おれが働かないかんな」と、毎日毎日、汗みどろになって働いていた。

この昔話を聴く

現在611話掲載中!