うさぎのめとみみとお
『兎の眼と耳と尾』

― 群馬県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかしの大昔。
 ある山に親兎(おやうさぎ)と子兎(こうさぎ)が住んであったと。 

 兎の眼と耳と尾挿絵:かわさき えり
 


 ある日、親兎が食べ物を見つけに行った。
 行くとき、子兎に、
 「寂しいだろうが、まだ道がよく分からないのだから、家(うち)から出てはいけませんよ」
と言いおいて出て行った。
 そのうちに、つまらなくなった子兎は、家(いえ)の外へ出て行った。
 歩いているうちに、きれいな花がいっぱい咲いている原っぱに出たと。
 いっぱいのきれいな花に、いっぱいのきれいな蝶々(ちょうちょう)がたわむれていて、子兎はすっかりうれしくなった。
 花の中で蝶々を追っかけていたら、蜜蜂(みつばち)がやってきて、ブンブンブンと子兎を誘ったと。

 子兎が蜜蜂を追いかけて、ピョンと跳びついたら、鼻の頭をチクンと刺された。
 あまりの痛さに腰くだけになった。
 ヨロヨロしたら、そこがちょうど穴の辺(へ)りで、石がくずれて、子兎も一緒に穴の中へ転がり落ちたと。

 長い尾っぽの上に、さらに石が落ちてきてはずれなくなったと。
 兎の眼と耳と尾挿絵:かわさき えり

 あたりは、だんだん暗くなってくるし、蝶々も居なくなるし、さみしくなって、泣いたと。
 親兎が家に帰ってみると子兎がいない。
 あわてて、あっち探し、こっち探しして、ようやく子兎の泣き声が聞こえたと。
 泣き声をたどっていったら、穴に落ち込んでいた。
 穴の辺りから両手をのばして、子兎の耳をつかんだと。耳を持って、ぐいぐい引き上げたら、耳はあんなに長くなった。
 親兎がくるまでにあまりに泣いたので、眼(め)はあのように赤くなった。
 力一杯子兎を引き上げたとき、尾に石が乗っていたので、尾はプツンと切れて、あのように短くなったそうな。
 
 いちがポンとさけた

群馬県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

ひとりは十能(無筆の手紙)(ひとりはじゅうのう むひつのてがみ)

ひとりは十能(無筆の手紙)(ひとりはじゅうのう むひつのてがみ)

むかし、あるところに婆(ば)さまと娘(むすめ)が暮らしてあったと。娘は山ひとつ向こうの隣村(となりむら)へ奉公(ほうこう)に行ったと。

この昔話を聴く

因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)

因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)

昔々、因幡(いなば)の国に白い兎がいたそうな。毎日浜辺にやって来ては、「何とかして、海渡って向こう岸さ行ってみてえなあ。んだげんども俺(お)ら泳がん…

この昔話を聴く

現在649話掲載中!