おにとやまいも
『鬼と山芋』

― 群馬県 ―
語り 平辻 朝子
再話 大島 廣志
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あったとさ。
 上州(じょうしゅう)、今の群馬県の白根山(しらねさん)に、それはそれはおっそろしい鬼(おに)が住んでおった。
 その鬼は腹が空(す)くと山を下りて、さっと人間をさらってきては、ムシャムシャと喰(く)っていた。
 山のふもとの村人たちは、いつ鬼に喰われるかと、びくびくしながら暮らしておった。

 

 
 ある日のこと、村の一軒の家では、ととが、
 「さぁて、今日は五月の節句だ。かか、かか、今朝(けさ)はトロロ汁のごっつぉにしょう。朝飯までに、長芋をすりおろしておいてくれ」
というと、畑へ草刈(くさか)りに出掛けて行った。
 ちょうどそのころ、白根山の鬼が目を覚ました。
 「あぁあ、腹がへった。どうれ、ひとつ、山を下りて人間でもさらってきて喰うか」
というて、のびをしながら、山の上からふもとの村を見渡した。
 「おやぁ、ふもとの村は五月の節句だな。そうだ、人間も喰いあきてきたから、今日は節句のごちそうをいただくかな」
 鬼は独り言をいうと、ノッシ、ノッシ山を下りていった。そしてさっき山の上からのぞいた家の裏へ廻(まわ)りこむと、壁(かべ)の穴から、そおっと覗(のぞ)いてみた。
 

 挿絵:かわさき えり
 
 家の中では、かかが、長芋をすりおろすところであった。かかは、
 「節句だから、いっぺぇすって、ととを喜ばしてやんべ」
と、ゴリゴリ、ゴリゴリ、長芋をスリバチですりはじめた。
 

 「あっ、あのかかは、鬼の角を持ってゴリゴリ、ゴリゴリ削ってる。ふうん、鬼の角が節句のごっつぉか、ちっとも知らんかった。よし、わしもやってみるか」
 鬼は、さっそく山に戻って、自分の頭の角をボキッと折ると、スリバチを出して、ガキガキ、ガキガキ、すりはじめた。
 ところが、鬼の角は堅(かた)くて堅くて、どうやってもすりおろせない。
 「おかしいなぁ。あのかかは簡単に角をすっていたのに、わしのはいっくら力をいれても少しも削れん。よし、もう一篇(いっぺん)見てくるか」
 鬼は山を下り、さっきの家の裏方(うらかた)へ廻り込むと、また、壁の穴から中をのぞいてみた。
 家の中では、朝、畑へ草刈りに出ていたととが戻ってきていて、朝飯を食うところであった。
 「かか、かか、トロロ汁は出来たか」
 「とと、うんと作ったから、いっぺえ食べ」
とととかかは、あったかい飯(めし)にトロロ汁をかけると、ツルツル、ツルツル、食べ出した。ととは、
 「やっぱり、トロロ汁はうんめぇなぁ」
といって、うまそうに食べたと。 

 それを見た鬼は、
 「鬼の角を、あんなにうまそうに喰っている。こりゃあ、人間も油断(ゆだん)出来ねぇなぁ。こうしちゃおられん。こんなところにいたら、わしも喰われてしまう」
 鬼は、あわてて逃げだし、どこか遠くへ行ってしまった。
 それからというもの、白根山には鬼がいなくなって、ふもとの村の人々は安楽に暮らしたと。
 五月の節句の頃に、長芋を食べるのは、鬼を追い払うためなんだとさ。

 いちがさかえた。 

 挿絵:かわさき えり

群馬県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

座敷わらし(ざしきわらし)

座敷わらし(ざしきわらし)

昔、あったけど。昔、ある村に親方衆(おやかたしゅう)の婆(ばば)がおったけど。ある日、婆は、間もなく昼になるので畑で働いている家の者へ昼飯届けるかな…

この昔話を聴く

鬼打木の由来(おにうちぎのゆらい)

鬼打木の由来(おにうちぎのゆらい)

むかし、あるところに爺さんと娘とが暮らしていた。あるとき娘が畑仕事をしていると、そこへ鬼がやってきて、娘をさらって行ってしまった。爺さんは、くる日も…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!