とりとけもののせんそう
『鳥とケモノの戦争』

― 広島県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 なんと昔があったげな。昔にの、狸と狐が山を歩きよったら鶯の巣があったんで、
 「ええっ!こがあなもの壊(こわ)してやれ」
 ちゅうて、足で蹴散らかしてしもうたげな。
 そん中にゃぁ卵が三つあったが、それもみな潰(つぶ)れてしもうたげな。
 親の鶯がその様子を見て、よっぽど腹ァ立てたり悲しがって、鳥の王様の鷲(わし)のところへ行っての、仇(あだ)ァとってもらいたい言うたげな。
 鷲は、ケモノの大様のライオンのところへ行っての、言うたげな。そしたらそこへ狸と狐が呼び出されたげなの、狸と狐は自分らが悪いとは言われんで、色々考えて鳥の方が悪いように嘘を言うたげな。 

 挿絵:かわさき えり
 そこでとうとう、鳥とケモノが戦争をすることになったげな。
 ケモノの方じゃぁ、みんなが集まって作戦の相談ぶつことになったげな。
 そのことを知った鳥の方じゃあ、一番小さい蚊(か)を偵察(ていさつ)にやったげな。蚊が三匹柴(しば)の葉の裏にとまっての、聞きよったら、
 「狐どんは考えがええけぇ、あれに指図(さしず)をしてもらおう。そいで、狐が尻尾を上げたら進め、尻尾を下ろしたら後へ引け」 

 ちゅうことになったげな。
 蚊がそのことを聞いて戻ったら、今度ぁ鳥は、蜂に頼みに行ったげな。そして、
 「狐が尻尾を上げりゃぁその根元のところをチカッと刺してやれ、尻尾を下げるときにゃぁ背中を刺してやれ」
 ちゅうて頼んだげな。
 いよいよ戦争になったげな。
 ケモノ方(がた)じゃぁ狐が指図するんだが、”やれ今だ”と進ませよう思うて尻尾を上げりゃぁ、蜂が来て根元を刺すもんじゃけぇ、痛(いと)うてかなわんで下ろすし、後(うしろ)へ引かしょう思うて尻尾を下ろしとっても背中を蜂が刺すんでの、蜂を追っぱらおう思うて尻尾をあげるげな。
 そがあなこたぁ皆は知らんけえの、狐の尻尾を見とって、進んだり引いたりするんじゃがの、めちゃめちゃで、どうもええことにならんげな。 

 そんなんでの、鳥が勝ったりケモノが勝ったりしょったげな。
 そんときコウモリがの、ケモノが勝ちそうなときにゃぁ、
 「おれは足ィ四本あるし、乳が子供育てとるけぇ、おれケモノの仲間だ」
 ちゅうて、ケモノ側につき、鳥が勝ちそうなときにゃあ
 「おれは羽根あるけえ鳥だな」
 ちゅうて、今度ぁ鳥側につき、強い方ばかり味方するげな。 

 その内、いつまで経(た)ってもきりがつかんけえ、はぁ、戦争やめようちゅうことになっての、喧嘩(けんか)の元(もと)がなくなるように動き廻る時間を決めたげな。
 鳥は鳥目ちゅうての、夜目がきかんもんじゃけえ、日中(にっちゅう)動くことになり、ケモノは夜目がきくもんじゃけえ、主(おも)に夜動くことになったげな。
 ところがコウモリは、あっち付きこっち付きしたもんじゃけえ、鳥からもケモノからも
 「お前なんか、おら方の仲間でない」
 ちゅうて毛嫌いされたげな。
 それでの、仕様がないけえ、夕方わずかだけ出よって虫ィ食(く)いよるげな。
 それじゃけぇ、強い方ばっかり味方して、あっちつき、こっちつきするのを『コウモリみたいだ』ちゅうて、今でも言うげな。

 もうし、昔けっちりこ。 

 挿絵:かわさき えり
 
 

広島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

米問屋の御礼(こめどんやのおんれい)

米問屋の御礼(こめどんやのおんれい)

むかし、むかし。ある海辺に爺さんと婆さんと、息子と嫁とがひとつ家(いえ)で暮らしておったと。爺さんと息子は沖に出て魚を獲(と)り、婆さんと嫁は機(は…

この昔話を聴く

髪剃り狐(かみそりぎつね)

髪剃り狐(かみそりぎつね)

昔、あるところの原っぱに、性悪(しょうわる)で化け上手の狐(きつね)がおったと。通る人を坊主頭にするので、村の人たちはおっかながって、誰もその原っぱを通らなくなった。不便(ふべん)でしょうがないのだと。

この昔話を聴く

現在594話掲載中!