かねふきみょうじん
『金噴き明神』

― 広島県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 なんの昔があったげな。
 あるところに長者の家があったげな。
 父親が死んでから、母親と二人の兄弟が暮らしとったが、兄は欲張りで、自分以外の者が御飯を食べるのもしゃくにさわるほどだったげな。
 そんなことじゃけぇ、父親の代(だい)にはたくさんおった下男も下女も、みんな暇をもろうて帰ってしまい、家はだんだん貧乏になっていってしもうた。
 そしたら、なおのこと兄が、弟や母親につらく当るようになった。 

 弟は、母親を連れて家を出て、昔下男をしとった作爺(さくじい)のところたずね世話になったげな。
 弟は、
 「早よう、おっ母さんを楽にさしたげよ」
 思うて、朝早ようから夜遅うまで畑仕事しとったげな。
 ある晩のこと
 「これ、起きよ、起きよ」
と言うて、弟を起こすもんがおる。
 目をさますと、目の前に、金色にピカピカ光る神さまがあらわれとって、
 「あしたの朝、何か入れ物を持って、金噴(かねふ)き明神の広場へ来なさい」
と言うと、スウと消えてしもうたげな。 弟は、不思議なこともあるもんじゃ、と思いながらまた眠ってしもうた。 

 次の朝、早ように、大きな籠(かご)を持って金噴き明神の庭へ行ってみた。が、広場にやあ誰もおりゃせん。
 ぼんやり立っとったら、
 「ここじゃ、ここへ来い」
 言うて呼ぶものがある。
 まわりを見よると、その声は、大きい石の狛犬(こまいぬ)から聞こえるげな。
 おそるおそる近づくと、その狛犬が言うたげな。
 「わしの頭を三辺(べん)さすって、金出ろ、言うたら金出て来るけえ、籠いっぱいにならん間に、もう一辺(ぺん)頭をさすりんさい」
 弟は、狛犬の口の下に籠を置き、言われた通りにすると、狛犬は、大きい口を開いて、
 「オウ」 と、ひと声吠(ほ)えたかと思うと、ガラガラ、ガラガラと大判小判を噴き出したげな。 

 挿絵:かわさき えり
 弟は、もうちいっとで籠がいっぱいになるという前に、狛犬の頭をさすったげな。
 そしたら、カチッと口を閉じて、金が出るのが止(や)んだげな。
 弟は喜んで、籠いっぱいの大判小判を持って家に戻り、母親と作爺にその訳を話して聞かせたげな。
 そいで三人が相談して立派ないい家を建てて、母親と作爺を楽にさしたげたげな。 

 兄が、弟たちがいい家を建てたいうことを聞いて、すぐにやって来たげな。
 「その金はどうしたんなら」
 気のいい弟は、金噴き明神の話を全部聞かせてやったげな。
 欲の深い兄は、飛ぶようにして家に戻り、四斗樽をかついで金噴き明神へやってくると、弟に聞いたとおりにやったげな。
 そしたら、大判小判がザクザク出て来て、たちまち四斗樽いっぱいにしてしもうた。
 兄はいい気になって、
 「もっと出ぇ、もっと出ぇ」
 言うてやっとったげな。
 そしたら、大判一枚チャリンと樽からこぼれたあと、金が出るのがピタッと止んだげな。
 兄はたまげて、狛犬の口を見ると、喉(のど)に大判が引っかかっとる。
 それを取ろうと手を入れたら、ガブリと咬(か)まれてしもうた。どうやっても、こうやってもはずれんのじゃげな。 

 兄が、オイオイ泣きながら、ふと樽を見たら、大判小判はいつの間にか石に変ってしもうとったげな。

 烏(からす)が鳴(な)いたアホー話。
挿絵:かわさき えり
 
 

広島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

木仏長者(きぼとけちょうじゃ)

木仏長者(きぼとけちょうじゃ)

むかし。ある長者が、金(キン)で作った、それはそれはみごとな仏さまを持っていた。長者はいっつも、下男や下女に、「この世に二つとない金仏(カナボトケ)…

この昔話を聴く

およねと沢内甚句(およねとわさうちじんく)

およねと沢内甚句(およねとわさうちじんく)

ここは岩手県※和賀郡(わがぐん)沢内村(さわうちむら)ですがの、沢内の新町(しんまち)に、明治維新(めいじいしん)まで年貢米(ねんぐまい)納めるお倉…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!