たけきりじい
『竹伐り爺』

― 広島県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに竹伐り爺がおったと
 ある日、爺が竹藪へ行って、カッツン、カッツン竹を伐(き)っていたら、そこを殿様の行列が、下に―、下に―、とお通りになったと。
 「そこで竹伐るは何者だぁ」
 「日本一の屁こき爺でござる」
 「それじゃあ、ひとつこいてみよ」
 「ここじゃあ竹の切り株が立って、ようこきません」
 「そうか、それじゃあ、むしろの上でこいてみよ」
 「むしろのひげが立って、こかれません」
 「それじゃあ、たたみの上でこいてみよ」
 「たたみの上じゃあ、尻(しり)が滑(すべ)って、ようこきません」 

 挿絵:かわさき えり
 「それじゃあ、わしの肩の上でこいてみい」
 「殿様の肩の上じゃあ、おそれおおくてこかれません」
 「かまわん、かまわん」
 「なら、ひとつ、こかしてもらいます」
と、いうことになって、爺は殿様の肩の上へあがって、

 錦(にしき)ザラザラ 黄金ザラザラ
 スッペラポ―ンのポ―ン と、屁をこいたと。 

 その音があまりにいい音で、その上、じゃこうのようないい匂いを周囲(あたり)に放(はな)ったから、お供の衆もたまげて、何遍も匂いをかいでおったと。殿様は、
 「こりゃ、まあ、不思議な爺じゃあ」
と、仰せになって、たくさんの褒美(ほうび)を下されたと。
 そしたら、隣の爺がそれを聞きつけて、
 「わしも、あんな褒美がもらいたい」
と思うたと。
 次に殿様が村をお通りになる日に、竹藪に入って、カッツン、カッツン竹を伐っておったら、
 「下に―、下に―」
と、来て、
 「そこで竹伐るは、何者だあ」
と、お尋ねになった。 

 隣りの爺は、いばって、
 「日本一の屁こき爺なるぞ」
と、いうた。
 「それじゃあ、ひとつこいてみよ」
 「ここじゃあ、竹の切り株が立ってようこけん」
 「それじゃあ、むしろの上でこいてみよ」
 「むしろのひげが立ってこかれん」
 「それじゃあ、たたみの上でこいてみよ」
 「たたみの上じゃあ、尻が滑って、ようこけん」
 「それじゃあ、わしの肩の上でこいてみよかまわんぞ」
 「なら、ひとつこかしてもらおうかい」
 隣りの爺は、殿様の肩の上へあがって屁をこいたと。こいたはいいが、

 備後備中(びんこびっちゅう)ビイチビチ
 丹後但馬(たんごたじま)のタアラタラ

 と、いうて、下(くだ)りっ腹の匂いの素まで出してしくじったと。 

 「やや、お前、にせの屁こき爺め」
と、叱かられて、刀で尻を斬(き)られたと。

挿絵:かわさき えり
 

 それで、泣き泣き家へ帰ったら、婆が出て来て、
 「爺さ、爺さ、褒美はどこにある」
と、聞いた。隣りの爺、
 「褒美どころか、尻を斬られたあ」
と、倒れてしまったと。

 昔こっぷり。 
 

広島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

おれが大きい(おれがおおきい)

おれが大きい(おれがおおきい)

とんと昔もあったげな。あるところに、片方の羽を拡(ひろ)げると千里、もう片方の羽を拡げるとまた千里ある大きな鳥がいたと。われほど大きな生き物はあるま…

この昔話を聴く

生き針 死に針(いきばり しにばり)

生き針 死に針(いきばり しにばり)

むがしあったけど。あるところに父(とど)と母(かが)と小んまい男子(やろっこ)が住んでいだけど。正月二日に初夢見ると幸せになるというが、その男子だけ…

この昔話を聴く

現在622話掲載中!