じいかかみか
『爺か神か』

― 広島県 ―
語り 井上 瑤
話者 福井 雪江
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところにお爺さんとお婆さんがおったそうな。
 あるとき、お爺さんが山へ木ィ挽(ひ)きに行ったと。
 朝まから木をゴリゴリ、ゴリゴリ挽きおったら、のどがかわいた。
 「こりゃあ、のどが干(ひ)いてかなわんけ」
 言うて、谷へ下りて、そけえ流れる水を呑もう思うたら、そりゃぁ水で無(の)うて、酒じゃったと。
 お爺さん、腰に下げとったひょうたんに、その酒を入れ、その酒を呑み呑みしておったら、酔うたと。
 大きな岩の上へ大の字になって、金玉ァ出ゃぁて寝てしもうた。 

 そうしてたところが、そこへ夕方になってどやどや、どやどや、山のもんがやって来て、長い竹棹(たけざお)を持って、
 「そこへおるんは、爺か神さんか、爺か神さんか」
 言うて、金玉つつくんだと。
 金玉つつかれて爺は目を覚ましたと。
 覚ましたは覚ましたけど、
 「どうもおかしいのぉ」
 思うて、様子をうかがうのにじいっとしておった。そしたら、また、
 「そこへおるんは、爺か神さんか」
 言うて、長い竹棹で遠くから爺の金玉つついてきた。爺はおかしゅうても黙っておったと。 

 そしたら、山のもんたちゃぁ、たがいにうなずきおうて、
 「まぁ、これは神さんじゃ」
 言うて、山の幸を仰山(ぎょうさん)持って来て、供(そな)えたそうな。
 山のもんがおらんようなってから爺さんは、仰山のお供えを持って家に戻ったと。

挿絵:かわさき えり
 

 隣りの爺さんや婆さんも呼んでご馳走したと。ひょうたんの酒もふるまって、ご馳走も食べ、
 「面白(おもしれ)ェな、面白ェな」
 言うていたら、隣りの婆が、
 「うちも。こんな酒や山の幸が欲しい」
 言うた。

 次の日、隣りの爺さんが真似をして山へ木ィ挽きに行こうとしたら、婆さんが、
 「樽を持って行きんさい、酒を持ってくるんさかい」
 言うて、大きな樽を持たした。
 隣りの爺さん、山へ行って、木をゴーリとひと挽きしただけで、そこらへんに腰を下ろしとった。昼どきになってものどがちっとも干(ひ)んのだと。
 そんでも、まあ、谷の酒を取りィ行かないけん思うて、樽をかついで谷へ下りて行ったと。
 そけえ流れる酒を呑もう思うたら、そりゃぁ酒で無(の)うて、水じゃったと。
 「あの爺ィ、嘘ォついたなやぁ。水じゃ酔いやせんわい」
 言うて、岩の上で金玉ァ出して、ふて寝したと。 

 そうしてたところが、夕方になって、どやどや、どやどや、山のもんがやって来た。
 長い竹棹を持って、
 「そこへおるんは、爺か神さんか。爺か神さんか」
 言うて、金玉つつくんだと。
 隣りの爺、金玉つつかれて目を覚ました。
 覚ましたら、つつかれるたんび、金玉が痛いやら、こそばゆいやら、おかしゅうてかなわん。思わず、
 「クックックッ」
 言うて笑(わろ)うたと。そしたら、
 「やっぱりこれは神さんじゃない。昨日の爺も神さんじゃない」
 言うて、隣りの爺におそいかかったと。 

 隣りの爺、命あってこその大怪我して戻ったそうな。

 昔こっぷり。

挿絵:かわさき えり
 
 

広島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

ダンゴドッコイショ

ダンゴドッコイショ

むかし、ある村に、ちょっぴり頭の弱いムコさんがおった。あるとき、ムコさんは、山一つ越したヨメさんの実家へ、ごちそうによばれて行った。ヨメさんの親は、…

この昔話を聴く

河童の恩返し(かっぱのおんがえし)

河童の恩返し(かっぱのおんがえし)

むかし、あるところにひとりの正直(しょうじき)な男が住んでいたと。ある年の春、用水路の脇の田圃(たんぼ)へ田打(たうち)に行ったと。昼時(ひるどき)…

この昔話を聴く

現在594話掲載中!