たにしとからすのうたもんどう
『田螺と烏の歌問答』

― 広島県 ―
語り 井上 瑤
再話 垣内 稔
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。
 あるよく晴れた日のこと。
 たんぼのあぜに田螺(たにし)がのこのことはいあがり、気持ちよさそうに日向(ひなた)ぼっこをしていたと。
 すると、そこへ、さっと黒い影が陽をさえぎったかと思うと、一羽の烏(からす)が舞いおりて、足のさきで、ぐっと田螺をおさえつけたと。
 あっという間の出来事で、田螺は逃げるひまもなかったと。
 烏がそのかたいくちばしで、田螺のからをうちこわして食べようとしたら、田螺が、
 

 挿絵:かわさき えり
 「烏さんたあ、あんたのことか。
 水晶眼(すいしょうまなこ)にゃ、ビロードのずきん。
 こわいこわいと鳴いてはみても
 けっしてこわいと言うんじゃない。
 かんろかんろと鳴く声聞けば
 しゃかのせっぽうなむあみだぶつ。
 ほんとに烏さんとは、立派な鳥じゃのう、
 いや鳥の中の王様のようじゃ」

 というた。
 

 烏は己のことをほめられたもんで、つい、いい気になって足に込めた力を抜き、カァカァと大声で鳴いたと。
 そのすきを待っていた田螺は、いまだ、とばかりに土の中にもぐり、土の中から、

 「おどれの眼(まなこ)は ナメクジ眼
 おどれの足みりゃあ鎌屋(かまや)の火ばし
 おどれの姿はくろはげあばた
 おどれの声聞きゃ寝た子も起きる
 がらくたがらくた があ」

 と、せいいっぱいの悪口をわめき立てたと。
 烏は、しまった、と思ったがあとのまつり。
 くちばしで土をつついたら、田螺はもっともぐる。
 烏はどうすることも出来ん。仕方ない、田螺を食べるのをあきらめた。くやしそうに、
 「くわん、くわん」
と鳴いて、西の空へ飛んで行ったと。

 やあれ、がっちりこ、火の用心。
 

 挿絵:かわさき えり

 に伝わる
 

広島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

キツネの嫁ご(きつねのよめご)

キツネの嫁ご(きつねのよめご)

むかし、あるところに一人の若者がおったと。若者は畑仕事のあいまに駄賃(だちん)働きするほどの働き者だったと。ある日、若者が駄賃働きで隣(となり)村へ…

この昔話を聴く

蛙の坊さま(かえるのぼうさま)

蛙の坊さま(かえるのぼうさま)

昔、あるところに蓮(はす)の葉がいっぱい植(うわ)っている池があって、蛙が一匹おったと。蛙は蓮の葉でお寺を建てて、そこで毎日毎日、ゲエロゲエロとお経…

この昔話を聴く

現在622話掲載中!