たいぼうはごりんそん
『大望は五厘損』

― 広島県 ―
語り 井上 瑤
再話 磯貝 勇
整理 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに乞食(ホイト)があったと。
 ホイトは京都の清水(きよみず)さんに鴻池(こうのいけ)の聟(むこ)にして下さいと願をかけた。縁の下に這入(はいい)って眠っていたら、七日目に清水さんが夢枕に立って、
 「これ、聟にやァしちゃるが五厘損がいくがいいか」
と告げられたそうな。ホイトは、
 「鴻池の聟にしてもらうのなら、五厘とはいわず、一銭二銭損がいってもええけん、どうぞ聟にしてつかっさい」
というた。清水さんは、
 「あい、わかった」
 いわれたそうな。 

 ホイトが有頂天(うちょうてん)になっていたら、ザワザワ、ザワザワ人声がした。幾人(いくにん)もの人が、
 「どこに居(お)ってんじゃろか」
 「どこじゃろか」
 いうて誰かを探してるふうだ。そのうち、一人が、
 「ここに居(お)ってじゃ」
 いうて、皆がホイトのところへ集まって来た。番頭風な者が進み出て、
 「もしもし、貴方(あなた)ァ鴻池の聟になって呉(く)れんじゃろか」
 いうて頼んだと。ホイトは魂消(たまげ)て、
 「何を言うかと思うたら、わしみたいようなホイトを、鴻池の聟じゃの何じゃの言うて、かもうて呉れるな」
 「何の、かもうているのじゃない」
 「私ァ鴻池の一の番頭じゃが、今日はどうしても連れて帰らにゃァいけんのじゃが」
 いう。
 ホイトが、
 「わしにゃァ着るもんもないし、履物(はきもの)もない。何も無いんじゃけのう」
 いうたら、 

 「うんにゃ。そんな物(もん)は皆用意出けとるけん、どうか一緒に行って呉れ」
と頼んだので、
 「このまんまでよかったら行ってもええ」
と応じたと。
 みんな大喜びで、着物を着せるやら、履物を履(は)かせるやらして、駕籠(かご)に乗せて鴻池に連れて行ったと。
 鴻池では、聟さんが見えるというので、大騒ぎをして居たと。
 聟さんが来たので、風呂に入れて洗うて、髪(かみ)を結って、着物を着せてみりゃぁ、そりゃそりゃ景色のいい男になった。
 七日七夜(なぬかななよ)の祝言(しゅうげん)あげて八日目の朝になった。
 鴻池の旦那さんが、
 「聟どん聟どん、一寸(ちょっと)来て呉れェ」
 いうて、一間(ひとま)へ呼んで、
 「今日から此の家の身代(しんだい)をみなあんたに譲るつもりじゃが、一応蔵を見せて歩こう」
という。 

 挿絵:かわさき えり
 二人で東の大きな米倉へ行って、錠をピンと開けてみると、中には米が崩れかかる程に積んであった。
 「これも今からあんたのもんじゃ」
 いうて、東の米倉の鍵(かぎ)を渡されたと。
 次に西の金倉に行って、
 「これもあんたのもんじゃ」
 いうて鍵を渡された。
 聟になったホイトは嬉しくてならない。 

 翌(あく)る日には、味噌・正油倉だの油倉だの、衣装蔵(いしょうぐら)やら道具蔵やら、みんなもろうて、最後に鉄蔵へ連れて行かれた。錠前(じょうまえ)が錆(さ)びて開かなかったと。
 「聟どん、ひとつこれを開けてみて呉れェ」
 いわれて、聟のホイトが力まかせに汗流してやったら、ピーンと音立てて開いたと。
 その音に魂消て、目が覚めた。覚める拍子(ひょうし)に商売道具の御器(ごき)のお椀(わん)を投げて、真二つに割れてしもうたと。
 五厘出してお椀を買わにゃ、明日からホイトが出来ん。
 ホイトは五厘損したと。
 だから高望みはしないものだと。

 むかしかっぷり。 

 挿絵:かわさき えり
 

広島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

東の長者と西の貧乏どの(ひがしのちょうじゃとにしのびんぼうどの)

東の長者と西の貧乏どの(ひがしのちょうじゃとにしのびんぼうどの)

むかしむかし、ある村に東の家と西の家とがあったと。東の家は長者どので、大っきな屋敷(やしき)に蔵(くら)もあり、子沢山(こだくさん)だったと。西の家…

この昔話を聴く

猿の生き肝(さるのいきぎも)

猿の生き肝(さるのいきぎも)

むかし、竜宮浄土の乙姫さまが病気になられて、いっこうに治らないんだと。神様に見てもらったら、「猿の生き肝を食えばよくなる」と言われた。「ほうせば、だ…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!