ほねをかじるおとこ
『骨をかじる男』

― 北海道赤平市 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 古い学校には、必ずと云って良い程怪談の一つや二つはある。開かずの便所とか、誰もいない教室からピアノの音がするといった話が多い。―これは、大正の頃のある旧制師範学校での話。
 その師範学校は男子(だんし)ばかりの全寮制になっていたそうな。
 ある部屋の寮生(りょうせい)がだんだん顔色が悪くなり、やせて、授業を休んで寮で寝ているようになった。
 同じ部屋の室長が心配して看病(かんびょう)してやったが、病気はますます悪くなるばかり。
 そんなある夜のこと。
 夜中に室長が目を覚ますと、その寮生がいない。
 その夜は気にもせず寝たが、その次の夜も、その次の夜もいない。

骨をかじる男挿絵:かわさき えり
 「はて、毎晩、毎晩、夜中になるといなくなる。あんな病気の身体でどこへ行くのだろう」
 室長は気になって、ある夜、寝たふりをして様子(ようす)をうかがっていたそうな。
 真夜中になって、その寮生は、そおっと布団から抜け出すと、同じ部屋の寮生一人一人の寝顔をのぞきこみ、寝息を確かめると部屋を出て行った。
 室長は、気づかれないように後をつけていったそうな。

 階段を下り、渡り廊下をわたって便所に入った。
 「なあんだ、やはり便所か」
 階段を昇って戻るのはしんどいだろうからと、苦笑(くしょう)しながら待ってやったが、いっこうに出て来ない。
 「おい、どうした」
と、便所の戸をたたいても返事が無い。
 倒れていたら大変だから、戸を開けてみた。
 便所はもぬけのからで、窓が開いていたそうな。
 窓から外をのぞいた室長はギョッとした。
 便所の裏手は、ゆるやかな坂道があって、念仏坂と呼ばれるその坂道は、山の中腹(ちゅうふく)にある墓地に続いている。
 寮生は、念仏坂を登って、今、墓地に入ろうとしているところだった。
 室長もあとを追い、墓の陰から寮生のすることを震えながら見ていた。

 寮生は、今日埋めたばかりの新墓を掘り起こし、骨を取り出してかぶりついた。
 ポリ ポリ ポリ ポリ
 骨をかむ音が室長にも聞えて、おもわずあとずさった。そのとき、枯枝を踏んでボキッと音をたてた。
 「見たなあ―」
 ふり返った寮生のざんばら髪の顔は、何ともいえぬ不気味なものだったそうな。

骨をかじる男挿絵:かわさき えり

 室長は、どこをどう走ったか、ただもう、怖ろしい一心で部屋に逃げかえり、布団をかぶって身を固くしていた。
 やがて、ミシッ、ミシッと、廊下を歩く寮生の足音が聞こえて来たそうな。
 はじの部屋の戸を開けてのぞきこみ、
 「ここでもなぁい」
 次の部屋を開け
 「ここでもなぁい」
 隣の部屋を開け
 「ここでもなぁい」
 あとはもう室長のいる自分の部屋だけとなった。
 ミシッ、ミシッと歩いて、ギィ―と戸を開けた、そのとたん。
 「ここだあ」
 いきなり室長の布団にまたがり、上からのしかかって来た。
 室長は金しばりにあったように、身動きならず、声も出なかったそうな。

 それでも、ようよう、ギャ―という声をしぼり出した。
 寮生は、病気とも思えぬ速さで部屋を飛び出して行ったそうな。
 次の朝、墓地で寮生の死んでいるのが見つかったと。

北海道
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

山神と孝行息子(やまがみとこうこうむすこ)

山神と孝行息子(やまがみとこうこうむすこ)

むかしむかし、あるところにおっ母さんと息子とが居てあったと。息子は山で薪(たきぎ)を伐(き)っては町方へ売りに行き、親子二人その日その日を暮していたと。

この昔話を聴く

旅人馬(たびびとうま)

旅人馬(たびびとうま)

むかし、あるところに金持ちの子と貧乏人の子がおって、仲良くしておったと。あるとき、二人はそろって旅に出たそうな。いくがいくがいくと、見も知らぬ遠い村…

この昔話を聴く

現在593話掲載中!