えさしのしげじろう みがきにしん、たででいっぽん
『江差の繁次郎「みがき鰊、たでで一本」』

― 北海道江差町 ―
語り 平辻 朝子
再話 佐々木 達司
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 江差(えさし)の繁次郎(しげじろう)は、はたして利巧(りこう)なのか阿呆(あほう)なのか、よく判(わ)からんところがあったと。
 忙(いそ)がしかったニシン漁(りょう)がおわり、雇(やと)われていた者たちは各各(おのおの)家へ帰ってゆく。
 その折(おり)、親方は、みんなに土産(みやげ)としてみがきニシンを“たで”で一本ずつ持たせて帰す習慣(ならわし)であった。
 “たで”というのは「立てムシロ」の略称(りゃくしょう)でムシロで作った俵(たわら)のことだ。つまり、みがき鰊(にしん)がギッチリ詰まった俵をひとつ持たせる。 

 挿絵:こじま ゆみこ
 
 繁次郎(しげじろう)の家では、婆さまが土産の“たで”を楽しみに待っていたと。
 戸が開く音がして、繁次郎が帰ってきた。
 「ご苦労さまであったテ」
と出迎(でむか)えた婆さま、繁次郎のまわりをよおっく見たバテ、“たで”らしき物は無(ね)。 

 どうやら、怠け者(なまけもの)の繁次郎、かつぐのが嫌で“たで”を貰わないで、空身(からみ)で帰ってきたらしい。婆さま、
 「繁次郎、よその人ァみんなみがきニシン“たで”で一本ずつもらって来てらもの、お前(め)バリ、どうして何も持たねで帰ってきた」
と聞いたら、繁次郎は、
 「婆ァや、俺だテみがきニシンもらって来たネ」
というた。
 「どら、どこネある」
 そしたら繁次郎、ふところから一本、みがきニシンをとり出して、床に突っ立てて、こういうた。
 「婆ァや。みがきニシン、“立で”で一本」
 婆さま、あきれて、つくづく我が子の顔を見たと。

 とっちぱれ。 

 挿絵:こじま ゆみこ
 

北海道
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

蛇の目玉(へびのめだま)

蛇の目玉(へびのめだま)

むかし、あるところに貧(まず)しい木樵り(きこり)がおったと。あるとき木樵りが山へ入るとどこからか女のうめき声が聞こえてきた。声のする方に近づいてみ…

この昔話を聴く

仁王様の稲一荷(におうさまのいねいっか)

仁王様の稲一荷(におうさまのいねいっか)

昔、あったてんがの、あるところに大層強欲(たいそうごうよく)な庄屋(しょうや)があったと。若い衆(しゅう)をさんざんにこき使って、年取(としと)り前…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!