すかんでとあけのみょうじょう
『スカンデと明けの明星』

― 北海道 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、ほうそうの神(かみ)が人の世界に降(お)りて来て歩きまわっているとき、ふと美(うつく)しい村の娘(むすめ)を目にとめられて、愛(あい)されたそうな。
 それから月満(み)ちて生まれたのがスカンデだ。
 スカンデは、成長(せいちょう)するにつれて光り輝(かが)く若者(わかもの)になった。暗(くら)い夜でも、スカンデが道をゆくと、まるで水に映(うつ)る月影(つきかげ)のように、あたりがきらきらと明るいのだと。

スカンデと明けの明星挿絵:かわさき えり
 
 けれどもスカンデはわがままで、どうにも手に負(お)えないところがあったから、村中のもてあまし者だったと。

 ある時は、スカンデはアイヌの酋長(しゅうちょう)が持っている宝物(たからもの)に目をつけると、どうしても欲(ほ)しくてたまらなくなった。言葉(ことば)たくみに手下(てした)をそそのかし、酋長を殺(ころ)させて、とうとうその宝を我物(わがもの)にしてしまったと。

 酋長を殺された部族(ぶぞく)が怒(おこ)るまいことか。一族のうらみは烈(はげ)しくつのって、スカンデは殺された。けれども、神の子だから、刀(かたな)で切(き)られようが、やりで突(つ)かれようが、すぐに生き返(かえ)ってきて、どうにもならない。

 あるとき、スカンデが川で魚(さかな)をとっているところを、後ろからおそわれて、またも打(う)ち殺された。
 「今度こそ、生き返らせまいぞ」
 「死体(したい)は切って、離(はな)れ離(ばな)れにしておけ」

 スカンデのあごは引きさかれ、上(うわ)あごは川べりの立木(たちぎ)をたわめて、その先にしばりつけたから、木の梢(こずえ)にはね上がった。下あごは石をくくりつけて、川底(かわぞこ)深(ふか)く沈(しず)めてしまった。

 息子の死を知(し)ったほうそうの神は怒ったのなんの。

 スカンデの身体(からだ)を元の通りに合わせ、下あごはどこにも見つからなかったので、木の切れ端(はし)をくっつけて間にあわせたと。
 五体(ごたい)が揃(そろ)うと、スカンデは「ふう」と息(いき)を吹き返し、むくむくと起(お)き上がったと。すぐさま天にいる父神の元に行き、
 「こんどこそ、ひどい目にあいました。父上のお力で是非(ぜひ)ともほうそうを流行(はや)らせて下さい。アイヌどころか、世界中の人間を皆殺(みなごろ)しにして頂きたいのです」
と頼みこんだと。

 この話をそっと聞いて、驚(おどろ)いたのは天の神々(かみがみ)だ。

 「あのあばれ者をおとなしくさせるには、どうしたもんでしょう」
 「それは何と言っても、嫁(よめ)を持たせるのが一番(いちばん)です」
 「どこかにいい娘はいませんかね。スカンデが一目ぼれするような娘は」

 ひたいを寄せて相談(そんだん)した末、これには、明(あ)けの明星(みょうじょう)が一番と決(き)まったと。
 


 スカンデは妻(つま)を迎(むか)えて、すっかり落(お)ちついたと。
 けれども、ときにはおこり病のように昔のくせが出るので、そんなときには、妻はつきっきりで夫(おっと)をなぐさめなくてはならない。

 明けの明星が空に姿(すがた)を見せないとき、アイヌの人たちは、
 「やさしい明星(あけぼし)が、また家にいてスカンデに言いきかせていなさるのだ」
と、話あうのだそうな。

  おしまい。

スカンデと明けの明星挿絵:かわさき えり

北海道
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

節分の鬼(せつぶんのおに)

節分の鬼(せつぶんのおに)

むがし、あったけど。あるお爺(じい)さん、寒の明げる晩に、「豆も無(ね)えす、嬶(かか)もいねぇのだす、一人だも、どうもなんねえ、豆なの蒔がねぇ。火…

この昔話を聴く

飴は毒(あめはどく)

飴は毒(あめはどく)

むかし、あるところに、とってもケチな和尚(おしょう)さんがおったげな。カメに水飴(みずあめ)を入れて、ひとりでなめているんだと。小坊主(こぼうず)が…

この昔話を聴く

現在674話掲載中!