おりゅうやなぎ
『おりゅう柳』

― 兵庫県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、ある村に、おりゅうという器量よしの娘(むすめ)がおったそうな。
 おりゅうは、峠をひとつ越えた町のお屋敷へ奉公(ほうこう)に行っておったと。
 その峠には、太くて高い柳(やなぎ)の木が一本あって、峠を越えるときには、必ずその柳の木の下でひと休みしておったと。
 あるとき、おりゅうが峠にさしかかると、柳の木の下に若い男がいたそうな。
 ひと休みしながら言葉を交(かわ)すうちに、ふたりは好き合うようになったと。
 それからというもの、おりゅうは夜になると、そおっとお屋敷を抜け出し、脇目(わきめ)もふらず峠の柳の下へ行くようになった。 

 挿絵:かわさき えり
 眠る時間を惜(お)しんだおりゅうの身体は、日が経(た)つにつれ、だんだん弱って、とうとう里(さと)の家(いえ)に引きとられたと。
 おりゅうが床(とこ)に伏せって何日か経った夜、風がゴォッと吹いて、木の枝葉がゴワゴワ鳴った。
 ふと目をさましたおりゅうのかたわらには、男が座っておったと。
 そして、夜も白みかけた頃、男は帰って行った。あとには、どうしたわけか柳の葉が一枚落ちていたと。 

 次の夜も、その次の夜も風がゴォッと吹いて、木の枝葉がゴワゴワ鳴ると、男は訪ねて来たと。男が帰ったあとには、やっぱり柳の葉が一枚落ちていたと。
 そんなある夜、男がさびしそうな顔をして言った。
 「もうお前にも会えんようになる。今日は別れを言いに来た」
 理由(わけ)をたずねたおりゅうに、男は打ちあけたそうな。男は、実は、峠の柳の木の精だったそうな。
 そのころ、京の都に三十三間堂を建てる話が出ていたそうな。三十三間も伸びた木はめったにあるもんじゃぁない。それで、峠の柳の木を棟木(むなぎ)に使うことになったそうな。
 「明日には木挽(こび)きが大勢来て、俺を切るだろう」
 おりゅうも男も黙りこんでしまったと。 

 次の日、峠には大勢の木挽きがやって来た。
 柳の木を切り始めたが、何しろ太くて高い木だったから、一日や二日で切れるものではない。
 晩方になって、木挽きが「また明日やるまいか」と仕事じまいして、次の朝行ってみると、切り口(くち)は元どおりにくっついているそうな。
 あくる日も、そのまたあくる日も同じことがおこる。
 気味悪くなった木挽の親方が鎮守(ちんじゅ)様にお伺いをたてたと。そうしたらその晩、夢ざとしがあったと。
 「仕事場に火をたいて、木くずが出るかたはしから燃やすがよい」
 こんな夢ざとしだったと。 

 そのころ、おりゅうの夢枕にも柳の木の精があらわれて、
 「いよいよ明日は切られてしまう。切られたあと、俺はてこでも動かんつもりだ。そこでおりゅう、お前が来て俺をひいてくれ。いいね」
 こう言ったそうな。
 さて次の朝、木挽きの親方は、仕事場に火をたいて、木くずをどんどん燃やした。柳はどおっと倒れたそうな。
 それから、切った柳を台車に乗せて京へ運ぼうとするけど、柳はびくとも動かないのだと。困り果てているところへおりゅうが来た。 おりゅうが、柳の木に何事かをやさしく話しかけてから、先頭に立って台車の綱を引くと、台車は、すうっと動いたと。
 それで大柳をやっと京の都へ送って、三十三間堂がめでたく出来上がったそうな。 おりゅうには、たくさんのほうびが出たそうな。

 いっちこ たぁちこ。
 

 挿絵:かわさき えり
 
 

兵庫県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

狩人と山犬(かりうどとやまいぬ)

狩人と山犬(かりうどとやまいぬ)

むかし、あるところにひとりの狩人(かりうど)があったと。山で狩りをしていると、大きな岩の下で山犬がアカゴを三匹産んでいた。それを見た狩人は、そろりそ…

この昔話を聴く

三日月の滝(みかづきのたき)

三日月の滝(みかづきのたき)

昔、昔、今からおよそ千年もの昔のこと。京の都に、清原朝臣正高(きよはらのあそんまさたか)という横笛(よこぶえ)の名人がおった。正高は、笛の音色(ねい…

この昔話を聴く

現在602話掲載中!