みそさざいはとりのおうさま
『みそさざいは鳥の王様』

― 兵庫県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしむかしの大昔。
 森の奥で鳥の鷹(たか)たちが大勢集まって、酒盛(さかも)りを開いて、賑(にぎ)やかに飲んだり歌ったりしていたと。何でも、鳥の王様を決める前祝いだそうな。
 その声が森中(もりじゅう)に響(ひびき)わたってきたので、みそさざいもこれを耳にすると、
 「よし、おらも鷹の仲間に入って、ひとつゆかいにやりたいな」
 と、早速鷹のところへ飛んで行って、
 「なあ、鷹さん、おらもみんなの仲間に入れておくれよ」
 と言うて頼んだ。
 

 すると鷹は大笑いをして、
 「何だって? お前みたいなチビ助が、わしらの仲間にしてくれってかい? このアホめぇ」
 と言うて、てんから相手にしてくれない。
 そこで、みそさざいは、鷹の大将に向って、
 「どうしたら、仲間に入れてくれるや?」
 と言うと、鷹の大将は、
 「そんなに仲間になりたいんなら、この向こうの山にいる猪を、退治(たいじ)してくるがええ。そしたら仲間どころか、鳥の王様にしてやってもええど。けど、そんなチビ助のお前が猪をとることが果(はた)して出きるかな。え?」
 みそさざいは、猪と聞いてびっくり。が、
 「わかった。それなら退治してくるわい」
 と、早速向こうの山へ飛びたって行った。 

 すると、ちょうどそこへ、一匹の大きな猪が、ノコノコと山を下りて来るのが見えた。
 「よし、あの猪をやっつけてやろう」
 と木の枝に隠れていたが、すきを見てパッと飛び出すと、猪の耳の中へ入り込んだ。そして、耳の中で大あばれ。チクチク、チクチクと突っ突いてやった。
 これにはさすがの猪も苦しんで、
 「ウァ―、たまらん。助けてくれ―」

 挿絵:かわさき えり

 と、耳の中のみそさざいを取り出そうともがいたが、足で耳を掻(か)くことが出来ない。コロコロ転げたり、あっち走り、こっち走りしているうちに、大きな岩に頭をドカ―ンと打って死んでしまった。 
 みそさざいは、耳から抜け出すと鷹の大将のところへ行って
 「さあ、猪を退治して来た。猪は大きな岩の前に転がっとります」
 と言うと、鷹の大将は鼻先で笑いながら、
 「何をこの嘘つきめぇ」
 と思ったが、みそさざいと一緒にその場所へ行ってみると、確かに猪は死んでいた。 

 「みそさざいって言うやつは智恵がある。おそろしいやつだ」
 「そんなら仲間に入れてくれるなぁ」
 「約束だ、仕方ない仲間にしてやらなくてはなるまい」
 「あの、王様の方は・・・」
 「ちょうしに乗るな、たかが猪を一匹仕留(しとめ)たぐらいで。みてろ鷹の力がどれほどのもんか見せてやる。二匹いっぺんにつかまえて見せようぞ」
 そう言ったかと思うと、鷹の中で一番強い熊鷹が飛びたって行った。
 すると向こうの山で、うまいぐあいに猪が二匹、並んで歩いとった。
 熊鷹はバサ―ッと降りていって、両の足それぞれに一匹ずつつかまえた。
 猪は驚ろいたの何の、必死になって逃げようとした。 熊鷹は何のはなすものかと一層猪の背中に爪(つめ)をたてた。さあ、猪があまりの痛さに右と左に逃げたからたまらん。その途端(とたん)、熊鷹は両足の付け根から双(ふた)つにさけて死んでしまったと。
 それでみそさざいは鳥の王様になったと。
 

 欲の熊鷹、股(また)さける、という言葉が出来たのはこれが元なんだと。
 
 いっちこたあちこ。

 挿絵:かわさき えり

 
 

兵庫県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

尻尾の釣り(しっぽのつり)

尻尾の釣り(しっぽのつり)

むかし、あるところに、猿とかわうそが棲(す)んでいたそうな。猿は、かわうそがいつも魚をとってはおいしそうに食っているのを見て、うらやましくてたまらな…

この昔話を聴く

ホトトギスの兄弟(ほととぎすのきょうだい)

ホトトギスの兄弟(ほととぎすのきょうだい)

とんとむかし。あるところに、兄と弟が住んでおった。あるとき、兄は病気になって、ちっとも働けんようになってしまった。それで、弟は、 「あんちゃんの分まで、おれが働かないかんな」と、毎日毎日、汗みどろになって働いていた。

この昔話を聴く

現在594話掲載中!