びんぼうがみ
『貧乏神』

― 兵庫県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔あるところに一人の貧乏(びんぼう)な男がおった。
 男は、食う物ぁ食わんとっても、寝とる方がええというほど仕事嫌いだったと。
 ある年の節分(せつぶん)の晩に、豆まきもせんと囲炉裏(いろり)の横で煎餅布団(せんべいぶとん)にくるまって寝ていると、天井裏(てんじょううら)から妙な者(もん)が降りて来た。片目を開けて見たら、病(や)みあがりのように痩(や)せ、髭(ひげ)は伸び放題(ほうだい)に伸び、頭ぁ箒(ほうき)のように逆立(さかだ)った人相(にんそう)の悪い年寄だ。
 

 貧乏神挿絵:かわさき えり
 「お前は、何者だいや」
 「儂(わし)ぁなげぇ間(あいだ)厄介(やっかい)になっとる貧乏神(びんぼうがみ)だ」
 「何しい降りて来ただいや」
 「うん、もうそろそろ暇(いとま)しよう思うてな」
 「そうか、そりゃ結構だ。俺(おれ)もその方がありがてい。一刻(いっこく)も早う出ていってくれぇ」
 男は寝たまんまで、
 「起きるのもおっくうだから、戸はちゃんと閉(し)めてってくれえよ」
 いうたら、貧乏神が戸口で振り返って、 

 「おう、忘れて出よった。なごう世話になった礼に、ええこと教えてやる。明日の朝早うに、前の道ぃ出て待っとれ。宝物を積んだ馬が通る。一番前(さき)の馬には金と銀を積んどる。二番目の馬には、綾(あや)や錦(にしき)の織物が積まれ、三番目の馬、これが終(しま)いじゃが、珊瑚(さんご)や瑪瑙(めのう)なんぞが積まれとる。そのどれでもええ。棒で叩(たた)いたら、それぁお前の物になる。しっかりやれよ」
というて、戸を閉めて出て行ったと。
 男は、そうゆうことなら明日ぁ早起きして、三つとも叩いてやろう。長い棒で横なぐりにした方が叩き易(やす)かろう、と思案しながら眠ったと。
 朝方、まだうす暗いうちに目がさめた男は、もう起きにゃぁなるまえ、と思ったけど、いつもの怠(なま)け癖(くせ)でなかなか起きられん。それでも、 「あいつの言う通りなら、どれひとつなぐってもいっぺんに分限者(ぶげんしゃ)になれる。試(ため)してみるか」
 いうて、しぶる身体をむりやり起こして、長い竿(さお)かついで家の前の道に出て待っとったと。
 

 けど、一番先の馬ぁすでに駆け抜けたあとで、二番目の馬が走ってきた。男は、
 「やぁ、本当に馬がかけてきたぞ。あいつの言う通りなら、あれが金銀の馬だな。ようし、そうれっ」 と、長い竿を振りまわした。竿の先が木の枝に引っ掛かって、馬はその下をくぐって走り抜けたと。
 「やぁしまったぁ。竿が長過ぎたか」
 いうて、今度(こんだ)ぁ短い竿を持って待っていると、三番目の馬が走って来た。
 「よし、あれは綾や錦を積んどる馬だな。もう俺の物だ。え―い」
と、短い竿をぶんまわした。竿が短(みじこ)うて届かなかったと。
 「やぁ、しまった。また、しくじった。竿が短過ぎたか」
と、くやしがって、今度ぁ、もう少し長い竿を持って待った。
 

 また、馬が走って来るので、
 「こいつが三番目の珊瑚や瑪瑙の馬だな。なにがなんでもぶちあてて分限者になってやる。そうれっ」
と、思いきり横なぐりにした。今度ぁ手ごたえがあった。 やれ嬉しや、と思ったら、その馬には昨晩(ゆんべ)の貧乏神が乗っとって、
 「儂ぁ、今年ぁ他家(よそ)で暮らそうと思っとったに、また、厄介になる」
と、いうたと。

 いっちこたあちこ。 

 貧乏神挿絵:かわさき えり
 
 

兵庫県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

猿の生き肝(さるのいきぎも)

猿の生き肝(さるのいきぎも)

むかし、竜宮浄土の乙姫さまが病気になられて、いっこうに治らないんだと。神様に見てもらったら、「猿の生き肝を食えばよくなる」と言われた。「ほうせば、だ…

この昔話を聴く

月見草の嫁(つきみそうのよめ)

月見草の嫁(つきみそうのよめ)

むかし、ある山の村にひとり者の若い馬子(まご)が暮らしておったそうな。馬子は、いつも朝早ように起きて山に行き、馬に喰わせる馬草(まぐさ)を刈る。草を…

この昔話を聴く

現在594話掲載中!