さらもりやま
『皿盛り山』

― 兵庫県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしむかし、伯耆(ほうき)の国(くに)、今の鳥取県(とっとりけん)の御領内(ごりょうない)のある山の中に、一軒の家(いえ)があった。
 山家(やまが)なので貧しくはあったが、父と母と小(こ)んまい娘とが睦(むつ)まじく暮らしておった。
 ところが、母親は急の病(やまい)であっけなく死んでしもうたと。
 父親は小んまい娘をかかえて、何にかににつけて困ることが多くなった。
 同じ頃、麓(ふもと)の村にも、夫を亡くした女房がもっと小んまい娘をかかえて途方(とほう)に暮れていた。
 おたがい困っちる者同士じゃ、ゆうて、仲立ちする人がいて、その女房と娘をこの山家に迎え入れたと。 

 ある日、お城の若様が家来を連れて狩に来て、この山家でひと休みされた。
 継母は、実の娘の妹に一張羅(いっちょうら)の着物を着せて、若様にお茶を持って行かせ、継子の姉には汚れた仕事着のまま、家来衆にお茶を出させた。
 若様と家来衆は「馳走(ちそう)になった」いうて、お城へ帰られたと。
 それからしばらくして、お城からお遣いの立派な侍衆がこの山家に来て、
 「姉娘を若殿様の奥方に迎えたい」
というた。
 びっくりした継母は、すぐに実の娘の妹を着飾らして、
 「これがお望みの姉娘です」
というて、出した。
 見ると、母親に似て、器量(きりょう)も悪いし、意地悪そうな顔をしているから、すぐに嘘(うそ)を見抜いた。 

 「あ、いやいや、これは失礼つかまつった。あらためて妹娘の方を」
というたら、継母は、
 「あれは、ぐずで気がきかずだ」
というて、むずかるふうだ。
 遣いの侍は、「では、こうしよう」というて、かまどから塩瓶(しおがめ)を持って来て、お盆の上に皿を乗せ、皿の上に塩を盛り、その上に松の小枝を挿(さ)した。
 「これを見て、歌を一首作ってもらう。その上でどちらの娘か決めよう」

挿絵:かわさき えり

 継母はいやとは言えない。継子の姉も呼んだと。
 遣いの侍が姉娘を見ると、器量もいいし、気立てもよさげだし、その上賢そうだ。一目見て、若殿様が見染めるのもむりがない、とうなったと。
 「まずは、そなたから」
と、実の娘の妹にうながすと、妹は、しばらく考えて、
 「盆の上に皿、皿の上に塩、塩の上に松」
というた。
 「次は、そなた」
と、継子の姉をうながすと、姉は、
 「盆皿(ぼんさら)や 皿(さら)盛(も)り山(やま)に雪ふりて 雪を根として そだつ松かな」
と、詠んだ。遣いの侍は、
 「こちらを奥方にお迎えする」
というて、継子の姉を駕籠(かご)に乗せて、早や、立ち去りかけたと。 

 あてがはずれて怒った継母が、門口(かどぐち)に置いてあった箒(ほうき)を取って駕籠めがけて投げつけたら、駕籠の中から姉が、
 「いつまでも 親というのはありがたや 伯耆(ほうき)の国まで みなもろた」
と、歌詠みしたと。
 遣いの侍は「勝負あった」いうて、カラカラ笑うた。
 継子の姉は、伯耆の国の若殿様の奥方になって、一生安楽に暮らしたと。

 そうだといや。 

 挿絵:かわさき えり
 
 

兵庫県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

猿地蔵(さるじぞう)

猿地蔵(さるじぞう)

むかし、あったけど。むかし、あるところに爺さがおって、白い餅(もち)が大好きだったと。この爺さが川辺りの畑に畑仕事に行ったときのことだ。昼げに持って…

この昔話を聴く

半殺しとお手打ちと本殺し(はんごろしとおてうちとほんごろし)

半殺しとお手打ちと本殺し(はんごろしとおてうちとほんごろし)

むかし、ひとりの侍が旅をしていて、山の中で日が暮れてしまったと。真っ暗な山の中を、あっち行き、こっち行きして、ようやく一軒の山家(やまが)が見つかっ…

この昔話を聴く

現在594話掲載中!