ふくろうとからす
『梟とカラス』

― 兵庫県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに染物屋があったと。
 この家の息子は仕事もせんと遊んでばっかりの極道者(ごくどうもん)だったと。
 あるとき、お城のお侍(さむらい)が白絹(しろぎぬ)を持ってきて、
 「十日ほどしたら、お殿様が江戸へ上(のぼ)らっしゃる。それまでに、これを紋服(もんぷく)に染め上げてくれ」
というた。染物屋の主人はかしこまって、ひきうけたと。 

 主人がその白絹に下地を練り込み、乾(かわ)かしていたら、極道息子が酔っぱらって帰ってきて、 「へん、こんな物染めて、いったい何ぼになるんじゃい。川(かわ)ん中這(は)いつくばって、冷(つ)めてえ思いして、洗って干(ほ)して、へん、いまだに貧乏じゃねえか。俺みたく、バクチでもすりゃ、銭なんて、面白おかしく出来るのによ」
というて、その絹地に泥を塗(ぬ)りつけた。
 白絹(しろぎぬ)は、どうにもならんほど汚(よご)れてしまったと。 染物屋の主人が、なく(泣く)なく洗いなおして、乾(かわ)かそうとしたら、雨が降ってきて、それから何日も降り続いて、とうとう約束の日が来たと。 

 お城から使いが来て、
 「注文の紋服は、出来とるか」
というた。
 出来とらん。殿様は怒って、
 「不埒(ふらち)な奴だ。討ち首にせい」
というた。
 染物屋の主人は、殺されたと。
 極道息子は、ことのなりゆきにおろおろして、父親の死骸(しがい)に取りすがって泣いたと。
 極道息子は、家にいても、外を歩いていても、近所の子供らに寄ってたかって、石を投げつけられたり、棒で叩かれたり、身の置き所がないようになったと。
 極道息子は、くやんでくやんで、とうとうフクロウになったと。 

 挿絵:かわさき えり
 フクロウになって、人目につく昼間は林の中に隠れていて、夜も暗くなってから出歩くようになったと。
 それで、フクロウは、今でも空模様がお天気になると、
 「糊(のり)つけ乾(ほ)うせ、糊つけ乾うせ」
と啼(な)き、雨が降ると、
 「泥つけ乾うせ、泥つけ乾うせ」
と啼いているのだと。 

 極道息子をこらしめているうちに、いじめることが面白くなった近所の子供らも、カラスになったと。
 カラスになった子供らは、今でも、薄汚れたボロを着て、秋は腐れ柿食って、昼間、フクロウを見つけると、寄ってたかって、痛めにかかるんだと。

 そうだといや。

 

 挿絵:かわさき えり
 
 

兵庫県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

ヤマワロの話(やまわろのはなし)

ヤマワロの話(やまわろのはなし)

河童(かっぱ)。夏の間、水の中でいろいろ悪さをするアレですがの。熊本のここあたりではガワッパと言う。ガワッパは、夏が終って山に入ると呼び名が変わって…

この昔話を聴く

貧乏神の土産(びんぼうがみのみやげ)

貧乏神の土産(びんぼうがみのみやげ)

むかし、あるところに貧乏な爺(じい)と婆(ばあ)がおったと。師走(しわす)になったのに米が一粒もなくて、大晦日(おおみそか)の晩を侘(わび)しく過ご…

この昔話を聴く

現在619話掲載中!