かめとあぶのえんじょ
『亀と虻の援助』

― 兵庫県 ―
語り 井上 瑤
話者 秋山 富雄
再話 谷垣 桂蔵
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに一人の若者があった。
 旅に出て、とある浜辺で弁当を食うていたら、子供たちが、小(こ)んまい亀を捕らえて棒っ切れで突っつきはじめた。
 「おい、おい、お前(めえ)ら、可哀そうなことせんと、その亀を俺に売ってくれぇや」
と言うて、亀を買い、海に放してやったそうな。置いた弁当には、たくさんの虻(あぶ)がとりついていた。
 弁当は虻にやったと。
 若者は旅を続けて、大っきな町へ着いた。
 すると、分限者(ぶげんしゃ)の門前に立札が建っていて、大勢の人が集(たか)っている。立札には、 

 「当家の池の中にある松の木の鶴の巣を取って来た者は、娘の聟(むこ)にする」
と書いてあった。若者は、
 「こりゃ面白い。いっちょうやってみるか」
と思い、側の男に尋(たず)ねると、
 「やめとけ、やめとけ。今まで何人もやってみたが、何せぇ大うけな池じゃでのう、誰も松の木の根元までも行けんかったそうじゃ」
と言うた。若者は、
 「大きい言うても、池は池じゃろ」
とうそぶいて、物は試しと門をくぐった。
 すると広い庭があって、庭の向こうに池がある。池は湖(みずうみ)のように広くて、池の中の島に植わってある松の木がかすんで見えた。
 「いくらなんでも、これは無理かなぁ」
と思いながらながめていたら、そこへ恰幅(かっぷく)のいい分限者が来て、
 「今度はお前がやるのか。巣はあの松の木の上から二番目の枝にある」
と言うて、屋敷の中へ入って行った。 

 若者は池の端に立って思案(しあん)していたら、池の底から大きな大きな亀が浮き上がった。して、
 「この間は私の玄孫(やしゃご)を助けてくれてありがたかった。今日はそのお礼に、あんたさんを乗せて送り迎えするから、この背中に乗るといい」
と言うた。

挿絵:かわさき えり

 若者は喜んで亀の背中に乗せてもらい、苦もなく、池の中の島へ渡って、松の木から鶴の巣を取って来たと。
 鶴の巣を分限者のところへ持って行くと、分限者は、
 「今まで大勢の若い者がやってきたが、実際に鶴の巣を持ってきたのはお前が初めてだ。だが、これだけでは娘の聟には出来ん。明日あらためて来い」
と言うた。

 次の日、若者が屋敷を訪(たず)ねると、美しい座敷に通された。分限者が出てきて、
 「今日は、町中の娘を招(よ)んである。その中から当家の娘を探し出して、酌(しゃく)をして貰え」
と言うた。 

 奥の間へ行ってみると、ずらぁーと、大勢の娘が着飾(きかざ)って並んでいた。若者が、
 「この中から見たこともないこの家(や)の娘を選び出すなんて、どだい無理な話じゃ」
 思うて、諦(あきら)めかけたら、障子(しょうじ)に飛んできた虻がプルンプルンプルンと音を立てている。
 見るともなく見ていたら、その虻のたてる音が、
 「酌取り(しゃくとり)に酌させプルンプルン、酌取りに酌させプルンプルン」
と聞こえてきた。若者は、
 「ははぁん、酌取り女に化けとるのが当家の娘じゃな」
と気がついて、余り着飾っていない娘の前へ行き、盃(さかずき)を差し出した。
 娘はニッコリほほえんで盃に酌をしたと。
 分限者は、
 「よしよし、これでうちの聟は決まった」
と言うて喜んだ。
 若者は分限者の聟となって、一生安楽に暮らしたと。 

 挿絵:かわさき えり
 
 これでしまい。 

兵庫県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

幾つになっても(いくつになっても)

幾つになっても(いくつになっても)

昔、あるところに爺さんと婆さんが二人して暮らしていたと。爺さんと婆さんは、年が年とて、畑仕事がきつくなってきた。爺さんは、お寺の和尚(おしょう)さんに掛(か)け合って、寺奉公(てらほうこう)することにしたと。

この昔話を聴く

三人泣き(さんにんなき)

三人泣き(さんにんなき)

昔、あるところにばあさんが住んでおったそうな。ばあさんには息子(むすこ)が一人おって、遠くの街へ奉公(ほうこう)に行っておったと。ばあさんは朝と夕方…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!