きんのはと
『金の鳩』

― 石川県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔々、あるところに、太郎と次郎と三郎がおったと。
 あるとき太郎は山へ薪(たきぎ)とりに出かけたと。昼どきになって握り飯をほうばっていたら、 白(しろ)い髭の爺(じ)さがどこからともなくあらわれて、
 「その握り飯、半分わけてくれ」
と言うた。
 太郎、分けてやらなかったと。白い髭の爺さ、どっかへ行ったと。
 太郎が握り飯を食い終わって、また薪とりをしていたら、木の下の洞に落ちて打ちどころが悪く怪我したと。
 太郎、泣きべそかいて家に戻ったと。 

 挿絵:かわさき えり
 次の日、次郎が山へ薪とりに出かけたと。 昼どきになって、握り飯をほうばっていたら、白い髭の爺さがどこからともなくあらわれて、
 「その握り飯、半分わけてくれ」
と言うた。
 次郎、分けてやらなかったと。
 白い髭の爺さ、どっかへ行ったと。
 次郎が握り飯を食い終わって、また薪をとっていたら、ナタでおのれの足を削ってしまった。
 次郎、泣きべそかいて家に戻ったと。 

 次の日、三郎が山へ薪とりに出かけたと。
 昼どきになって、握り飯をほうばっていたら、白い髭の爺さがどこからともなくあらわれて、
 「その握り飯、半分わけてくれ」
と言うた。
 三郎、爺さに半分わけてやったと。爺さ、
 「うまかった。これ、お礼だ」
というて、懐(ふところ)から金(きん)の鳩(はと)を出して、くれた。
 三郎、嬉んで、金の鳩と薪を持って家に帰ろうとしたら、日が暮れた。
 暗い山径(やまみち)を歩いていたら、みたこともない立派なお城があった。理由(わけ)を話して泊めてもろうたと。
 床をのべにきたお女中(じょちゅう)が床の間にきれいな金の鳩があるのを見て、触ったと。そしたらなんと、その手がひっついてとれなくなった。もう一方の手を金の鳩に添えてみたら、その手もひっついた。足をかけて手を引っ張ろうとしたら、その足もひっついた。もう一方の足もひっついたと。 

 騒ぎを聞きつけて、他の人が助けようとしてそのお女中をひっ張ったら、その人もひっついた。そうやって、次々と人がひっ付いていくものだから、お城中大騒ぎだと。
 ところで、このお城の殿様に一人娘がいたと。他に並ぶひとの無いくらい別ぴんさんだったが、おしいことに生まれてこの方、一度も笑うたことがなかったと。
 このひっ付き騒ぎを聞きつけて、そのお姫様が出て来たと。

挿絵:かわさき えり
 

 「姫さまぁ、お助け下さい」
と、お女中がなさけない声でうったえるもので、お姫様、つい手を出した。手がひっ付いたと。もう一方の手もひっ付き、足もひっ付き、頭もひっ付いたと。
 金の鳩のまわりに、いろんな人がひっつき、その人のうしろにまた人がひっつき、幾重(いくえ)にもひっつき、一番うしろにお姫様がひっついている。
 三郎、湯からあがって来たら、このあり様だったので、つい、笑うてしまった。
 そしたら、今迄笑うたことのなかったお姫様が、つられて、「ほほほ」と笑うたと。
 一度笑うてしまえば笑(わら)うほどに愉快になって、笑いが止まらなくなったと。
 「姫が笑うた」
 「姫が笑うた」
というて、お城の中じゅう誰も彼もの顔が輝いたと。 

 三郎が笑い、お姫様が笑い、お城の人たちが笑い、みんなが笑うたら、金の鳩から、一せいにひっついた手が離れたと。
 みんなはそれがおかしい言うて、また笑うたと。
 殿様は
 「今まで姫に遠慮(えんりょ)して、この城では声を出して笑う者が無かった。笑うと、こんなにも明るく輝いた顔になるとは」
と大変喜んで、三郎をお姫様の聟殿(むこどの)に望まれたと。
 お姫様も喜んで、三郎も喜んで、お城の者たちも喜んで、盛大な祝言を催したと。

 そうろん げったん がんなます。 
 

石川県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

年越しの豆(としこしのまめ)

年越しの豆(としこしのまめ)

むかしむかしの大昔、あちこちの山やまに鬼(おに)がたくさん棲(す)んでおったと。その鬼どもが里に出て来ては、子供をとって喰ってしまうので、里の人たち…

この昔話を聴く

かっぱと貝殻(かっぱとかいがら)

かっぱと貝殻(かっぱとかいがら)

かっぱはいたずら好きで、よく夜になると馬小屋にしのびこみ、馬がへとへとになるまで乗りこなすそうな。馬が疲れてくると、その馬の尻尾(しっぽ)をしばって…

この昔話を聴く

現在606話掲載中!